【泣ける映画】「ドリーム」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ドリーム」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ドリーム』は、2017年に公開されたアメリカの映画で、原題は『HIDDEN FIGURES』。監督は『ヴィンセントが教えてくれたこと』で話題を呼んだセオドア・メルフィで、1960年代にアメリカで行われた有人宇宙飛行プロジェクトの「マーキュリー計画」が進められる中、歴史的快挙やソ連との熾烈な開発競争の裏に隠された黒人女性達の活躍を描いたヒューマンドラマです。出演はタラジ・P・ヘンソンなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1961年。世界は、まだ見ぬ宇宙に我先に飛び出そうと開発競争を繰り広げていた。
 
 中でも、アメリカとソ連(現:ロシア連邦)は、人類初となる有人宇宙飛行を成功させるべく、国家が総力を挙げて実験と研究を進めていた。
 
 そんな中、ヴァージニア州ハンプトンにあるNASAで最古の研究所であるラングレー研究所には、3人の黒人女性が勤務していた。
 
 キャサリン・ジャクソン(タラジ・P・ヘンソン)とドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、そしてメアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)は、宇宙飛行に欠かせない様々な計算を行なっていた。
 
 すでにNASAでは多くの女性職員が働いていたが、男性達からの評価は低く、特に黒人女性ともなれば、差別的な扱いは当たり前のものだった。
 
 そんな中、数学の分野で卓越した才能を持つキャサリンは、有人宇宙飛行のためのマーキュリー計画のプロジェクトチームに抜擢されることになる。
 
 しかし、上司であるヴィヴィアン・ミッチェル(キルスティン・ダンスト)に紹介されたチームリーダーのアル・ハリソン(ケビン・コスナー)は気難しいタイプだった。
 
 プロジェクトチームの一員として働き始めたキャサリンだったが、周囲の白人男性達は、みな、彼女に冷たく、彼女を雑用程度にしか考えていなかった。
 
 トイレひとつ取っても黒人用と白人用は分かれており、離れた場所にあるトイレまで駆けていかなければならなかった。
 
 一方、ドロシーは、今より上のポストを希望するが理由もなく断られ、異動が決まったメアリーも自信をなくしていた。
 
 しかし、キャサリンは、与えられた仕事をこなし続け、やがてチームに欠かせない存在となっていた。
 
 すると、ハリソンは彼女のひたむきな姿勢と才能を前に、しだいに偏見を取り払っていく。
 
 そして、ついにハリソンは、「白人用」と書かれたトイレの看板を打ち壊し、会議にもキャサリンを出席させるよう周囲を説得することに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 セオドア・メルフィ
 

【出演俳優】

 
 タラジ・P・ヘンソン
 オクタヴィア・スペンサー
 ケビン・コスナー
 ジム・パーソンズ
 マハーシャラ・アリ
 ジャネール・モネイ
 オルディス・ホッジ
 グレン・パウエル
 オレック・クルパ
 キンバリー・クイン
 キルスティン・ダンスト
 
 
 

【動画】

 
★ドリーム★【fmovies】
 
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・openload】
 
【吹替・nico】
【吹替・openload】
【吹替・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧