【泣ける映画】「太陽の傷」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「太陽の傷」の動画を見る方法!

 

邦画,動画,無料

 
 
 

【映画の概要】

 
 『太陽の傷』は、2006年に公開された日本映画です。Vシネマだけでなく様々な作品に挑戦している哀川翔を主演に、『ゼブラーマン』でタッグを組んだ三池崇史監督がメガホンを取り、娘を殺されるという理不尽な犯罪によって極限まで追い詰められていくある男性の魂の苦悩を描いた鬼気迫る作品です。共演は佐藤藍子、松重豊、風間トオルなど。現代の少年法の問題点に焦点を当てた社会派ドラマになります。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 片山敏樹(哀川翔)は、とある郊外の町で建築設計会社のサラリーマンとして働いていた。毎日、自宅から会社まで自転車で通う平凡な生活をする彼にも、妻の陽子(蜷川みほ)と愛娘の彩乃(佐々木麻緒)という宝物があった。
 
 ところが、彩乃の誕生日を迎えたある日、仕事を終え帰宅中の敏樹は、公園で浮浪者が少年たちから暴行を受けているのを目撃する。敏樹は止めに入ったものの、そんな敏樹に少年たちは抵抗してきた。格闘技の心得があった敏樹が反撃すると、リーダー格の神木彰(森本慧)は、ナイフを持って彼を脅しに掛かった。幸い通りかかった人の通報によって事なきを得たものの、反撃を加えようとした敏樹が警察からかけられた言葉は「少年相手では過剰防衛になりかねない」という意外なものだった。
 
 違和感を抱えたまま、日常の日々に戻った敏樹であったが、仕事終わりにコンビニに寄った彼は、自身に向けられた鋭い視線に気づいた。それは神木たちの敵意に満ちた視線だった。「あの少年達は、自分のことを覚えていて、警察に捕まったことを恨んでいる。」敏樹はその理不尽な敵意に不安を覚え、陽子に相談するが、公園でのトラブルを見ていなかった彼女は、取り越し苦労であると敏樹をなだめるだけであった。
 
 ところが、そんなある日、ママ友たちと食事をしていた陽子が話に夢中になり、彩乃から目を離したすきに彩乃の姿が消えていた。彼女は、必死に探すも見当たらず、知らせを受けた敏樹も必死になって捜索するが、結局、彩乃は変わり果てた姿で発見される。
 
 警察の捜査が始まると目撃者の証言からすぐに神木が逮捕されるが、少年法の壁に守られ、マスコミも容易に手出しができなかった。そんな中、行き場を失ったマスコミや世間の心無い言葉の刃は、しだいに敏樹たちを極限まで追い詰めていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 三池崇史
 

【出演俳優】

 
 哀川翔
 佐藤藍子
 森本慧
 風間トオル
 宅麻伸
 吉岡美穂
 勝野洋
 小木茂光
 高味光一郎
 遠藤憲一
 松重豊
 冨浦智嗣
 佐々木麻緒
 蜷川みほ
 本宮泰風
 平泉成
 夏山千景
 
 
 

【動画】

 
★太陽の傷★【9tsu.com】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧