【泣ける映画】「小さな命が呼ぶとき」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「小さな命が呼ぶとき」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『小さな命が呼ぶとき』は、2010年に公開されたアメリカ映画です。主演を務めるハリソン・フォードが製作総指揮を執り、難病に冒され、医師から余命わずかと宣告された子供を助けるために、私財を投下してでも、治療薬を開発する会社を設立しようと奔走する父親と、彼の情熱に心を動かされ、ともに治療薬の研究に取り組む科学者の姿を描いた実話に基づく人間ドラマです。監督は『ベガスの恋に勝つルール』のトム・ヴォーン。共演を務めるのは『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』のブレンダン・フレイザーです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 西海岸の北部に位置するオレゴン州、ポートランド。
 
 この町で暮らすジョン・クラウリー(ブレンダン・フレイザー)は、ハーバード大のビジネススクールを卒業し、広告関係の仕事に就いていたエリートビジネスマン。
 
 彼は、妻のアイリーン(ケリー・ラッセル)との間に、メーガン(メレディス・ドローガー)とパトリック(ディエゴ・ベラスケス)という二人の子供を授かっていた。
 
 彼の家庭は幸せそのものだったが、あるとき、メーガンとパトリックに病気が見つかる。
 
 それは「ポンペ病」と呼ばれる聞きなれないものだった。息がしにくい、頭痛がするなど、風邪の症状に似ているものの、治療法がない難病だった。
 
 先天的に体内の糖分を分解できない「ポンペ病」の患者の平均寿命はなんと9歳。メーガンとパトリックにはもう時間がなかったのだ。
 
 ジョンは、激しく悲しみ、そして苦悩する。愛する子供たちを救えないという事実は、ジョンに強い挫折感を与えた。
 
 しかし、ただ手をこまねいているわけにはいかないと、ジョンは「ポンペ病」について調べていき、「ポンペ病」研究の第一人者といわれているロバート・ストーンヒル(ハリソン・フォード)の存在を知る。
 
 早速、ロバート博士の下を訪ねたジョンだったが、博士によれば、治療薬の開発に必要な資金がなく研究ができないのだという。
 
 ロバート博士は、治療薬の開発には50万ドル必要だといい、ジョンは自ら資金提供を行うと宣言する。
 
 そんな大金は手元になかったが、ふたりの子供を救えるのであれば、もはや手段は選ばない覚悟が彼にはあった。
 
 こうして、ジョンは、これまでのキャリアをすべて捨て、新たに製薬会社を立ち上げるために奔走することになるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 トム・ヴォーン
 

【出演俳優】

 
 ブレンダン・フレイザー
 ハリソン・フォード
 リリー・マライエ
 ロバート・ブランシュ
 ケリー・ラッセル
 コートニー・B・ヴァンス
 パトリック・ボーショー
 P・J・バーン
 ジャニーヌ・ジャクソン
 ディ・ウォーレス
 ジャレッド・ハリス
 ギャヴィン・ブリストル
 
 
 

【動画】

 
★小さな命が呼ぶとき★【sockshare】
 
【字幕・fc2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧