【泣ける映画】「父親たちの星条旗」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「父親たちの星条旗」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『父親たちの星条旗』は、2006年に公開されたアメリカ映画です。監督は『ミスティック・リバー』のクリント・イーストウッド。同監督の『硫黄島からの手紙』と対になっている作品で、第二次世界大戦中に発生した数々の激戦の中でも、最も悲劇な戦いだったといわれる「硫黄島の戦い」をアメリカ兵の視点から描いた戦争映画です。出演は『アメリカを売った男』のライアン・フィリップなど。クリント・イーストウッド監督のファンでならずとも、一度は見ておきたい作品です。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 現代のアメリカ、アメリカ北部、五大湖に面するウィスコンシン州。
 
 葬儀屋を営んでいた一人の老人がいた。彼は、夜中階段で倒れ、そのまま息を引き取ろうとしていた。
 
 この老人は、太平洋戦争時に軍に従事し、日本の硫黄島で熾烈な戦いをくぐり抜けてきた。
 
 衛生兵として活躍し、帰国後は英雄とまで言われた彼だったが、彼の息子にも戦争の詳細を語ろうとはしなかった。
 
 しかし、彼が死を迎え、はじめて彼の過去が語られていくことになる。
 
 1945年、2月。アメリカ軍は硫黄島を攻め落とそうと、まずは海からの艦砲射撃を行う。
 
 白兵戦での日本軍との戦力差は明らかで、当初、アメリカ軍は簡単に征服できるだろうと考えていた。
 
 上陸作戦開始から5日後。アメリカ本国の紙面を硫黄島の摺鉢山に掲げられた星条旗と、それを支える兵士たちが飾っていた。
 
 アメリカの国民たちは、戦果の上がらない戦争に嫌気がさしていたが、この写真を見て彼らを英雄視するようになる。
 
 ところが、現地で戦いを続ける兵士たちはこの島を完全に手中に納めるのがいかに困難か、身に染みていた。
 
 硫黄島に潜伏する日本兵は、少ない兵力を補うため、アメリカ軍を引きつけ攻撃を繰り返すゲリラ戦法に出たのだった。
 
 新聞で紙面を飾った星条旗を掲げた兵士たちも、次々やられていき、生き残ったのはジョン・"ドク″・ブラッドリー(ライアン・フィリップ)とレイニー・ギャグノン(ジェシ・ブラッドフォード)、アイラ・ヘイズ(アダム・ビーチ)だけとなっていた。
 
 一か月にも及んだ硫黄島をめぐる激しい攻防は、両軍に多数の戦死者を出した。
 
 戦場は泥沼化し、生き残った3人が命からがら帰国すると、そこで待っていたのは熱烈な歓迎だった。
 
 紙面を飾ったことで、帰国後英雄視されるようになった3人は、その後、彼らの意に反し、本国の戦争キャンペーンに利用されていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 クリント・イーストウッド
 

【出演俳優】

 
 ライアン・フィリップ
 ジェシ・ブラッドフォード
 アダム・ビーチ
 バリー・ペッパー
 ジョン・ベンジャミン・ヒッキー
 ジョン・スラッテリー
 ポール・ウォーカー
 ジェイミー・ベル
 
 
 

【動画】

 
★父親たちの星条旗★【fmovies】
 
【吹替・openload】
【吹替・verystream】
【吹替・verystream】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧