【泣ける映画】「遠い空の向こうに」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「遠い空の向こうに」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『遠い空の向こうに』は、2000年に公開されたアメリカ映画です。NASAに所属するロケット・エンジニアであるホーマー・H・ヒッカム・Jr.の自伝小説である『ロケット・ボーイズ』を元にして、『ジュマンジ』のジョー・ジョンストン監督が映画化したもので、アメリカが宇宙開発においてソ連に後れを取っていた時代に、炭鉱のある田舎町で、ロケット開発に夢を掛けた高校生たちの姿を描いた青春ドラマです。主演は『ナイトクローラー』など大ブレイク果たしたジェイク・ギレンホール。彼のファンなら是非見ておきたい一本となっています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1957年10月5日。この日、ソ連(現:ロシア連邦)が人工衛星、「スプートニク」が打ち上げに成功し、多くのアメリカ国民が、ソ連に偉業達成で先を越されたことに、大いなるショックを受けていた。
 
 しかし、ウェスト・ヴァージニア州の炭鉱の町コールウッドで暮らす高校生のホーマー・ヒッカム(ジェイク・ギレンホール)は、夜空に浮かぶ「スプートニク」を見上げながら、いつか自分でもロケットを打ち上げたいと考えるようになる。
 
 「スプートニク」を肉眼で見たことで触発されたホーマーは、友達のロイ・リー(ウィリアム・スコット・リー)とオデル(チャド・リンドバーグ)を誘い、「ロケット・ボーイズ」を結成する。
 
 目標はもちろん、宇宙にロケットを飛ばすこと。しかし、ホーマーの父親であるジョン(クリス・クーパー)は、それを知って顔をしかめる。ジョンは炭鉱夫で、将来はホーマーも炭鉱で働いて欲しいと考えていたのだ。
 
 早速、ロケットを作り、実験を繰りかえすホーマーたち。ホーマーは、ロケット開発の第一人者であるフォン・ブラウン博士に手紙を書き、ロケット打ち上げの夢を語る。
 
 しかし、開発当初、彼らが作成したロケットは、まったくうまく飛んでくれなかった。
 
 そこで、工学系の知識に長けた仲間が必要だと考えたホーマーは、数学が得意な嫌われ者のクエンティン(クリス・オーウェン)を彼らのメンバーに迎えることにした。
 
 クエンティンが加わったことで、ロケットの作成は本格化し、設計図をもとに組み立てていく。
 
 溶接が必要な箇所は、ジョンの部下で、炭鉱で働くビコフスキー(エリヤ・バスキン)にこっそりと協力してもらうことにした。
 
 そして、一定の手ごたえを感じたホーマーは、完成したロケットが発射するところを高校で物理を教わっているミス・ライリー(ローラ・ダーン)に披露したところ、彼女から全米科学コンテストに出してみるべきだと勧められることになる。
 
 こうして、コールウッドで前代未聞の偉業を成し遂げるため、ホーマーたちの無謀ともいえる挑戦が始まることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ジョー・ジョンストン
 

【出演俳優】

 
 ジェイク・ギレンホール
 クリス・クーパー
 ローラ・ダーン
 チャド・リンドバーグ
 ナタリー・キャナディ
 ウィリアム・リー・スコット
 クリス・オーウェン
 スコット・トーマス
 
 
 

【動画】

 
★遠い空の向こうに★【fmovies】
 
【字幕・ニコ1】【2】【3】【4】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧