【泣ける映画】「ぼくを葬(おく)る」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ぼくを葬(おく)る」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ぼくを葬(おく)る』は、2006年に公開されたフランス映画です。監督は『スイミング・プール』で知られ、最新作『婚約者の友人』でも話題となっているフランソワ・オゾン。「死」をテーマにした作品で、余命3か月を宣告された写真家の青年が、死を目前にして自分自身を見つめ直していく姿を描いた人間ドラマです。出演は『わたしはロランス』のメルヴィル・プポー、『クロワッサンで朝食を』のジャンヌ・モローなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 フランスの首都パリ。この街で暮らす31歳のロマン・ブロシヤン(メルヴィル・プポー)は、ゲイのフォトグラファー。彼はパートナーのサシャ(クリスチャン・セルゲワルド)と同棲生活を送っていた。
 
 ところが、そんなある日、ロマンは雑誌の撮影中にめまいを感じその場に倒れこんでしまう。病院で精密検査を受けたところ、ガンが発覚する。
 
 ロマンが医師(アンリ・ド・ロルム)から告げられた余命は、3か月から長くても1年という残酷なものだった。
 
 ロマンは、突然の余命宣告にショックを隠しきれず、公園でひとり涙する。それでも、彼は、ファインダーを覗き、公園を通る人々をカメラに収めていく。ロマンは残った時間をどう過ごすべきかと、深く考え始める。
 
 自分のスタジオに戻って来たものの、茫然自失の彼の状況は、同僚たちにも明白だった。訪日し、京都での撮影予定はキャンセルとなり、ロマンは帰省することにした。
 
 実家には姉ソフィ(ルイーズ=アン・ヒッポー)が子連れでやってきていた。
 
 ロマンとソフィは、昔から折り合いが悪く、いい関係とは言えなかった。ロマンの父(ダニエル・デュバル)と母(マリー・リヴィエール)も、過去の不倫が原因で夫婦仲は冷え切っていた。
 
 シングルマザーであるソフィに仲の悪い両親、ゲイであることをカミングアウトしたロマンには破綻した家族はどこか他人事のように見えていた。
 
 パリへと戻ったロマンは、意図的にサシャと喧嘩し、二人の関係を終わらせ、祖母であるラウラ(ジャンヌ・モロー)と会うべく旅に出たのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 フランソワ・オゾン
 

【出演俳優】

 
 メルヴィル・プポー
 ジャンヌ・モロー
 ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
 ダニエル・デュヴァル
 マリー・リヴィエール
 クリスチャン・センゲワルト
 ルイーズ=アン・ヒッポー
 アンリ・ドゥ・ロルム
 ウォルター・パガノ
 ウゴ・スーザン・トラベルシ
 アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ
 
 
 

【動画】

 
★ぼくを葬(おく)る★【online】
 
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧