【泣ける映画】「ハッピーエンドが書けるまで」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ハッピーエンドが書けるまで」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ハッピーエンドが書けるまで』は2015年公開のアメリカ映画です。監督は『きっと、星のせいじゃない。』のジョシュ・ブーンです。主演はミュージシャン、フィル・コリンズの娘であるリリー・コリンズと『ウォールフラワー』のローガン・ラーマンです。離婚をした父親を中心にして、一つの家族に焦点を当て、愛に関する様々な悩みを抱えた人たちが、それぞれ悩みながらも新しい一歩を踏み出していく姿を描いています。笑いあり涙ありで、人生の素晴らしさに気づかせてくれるような心温まる人間ドラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 小説家として活躍し、数々の受賞歴を持つビル・ボーゲンズ(グレッグ・キニア)。しかし、彼の私生活は決して順調ではなく、三年前に妻は離婚をして、出て行ってしまっていた。一方、彼の別れた妻であるエリカ(ジェニファー・コネリー)の家を覗いてみると、そこでも新しい夫との喧嘩が起きていた。
 
 そんなビルの娘のサマンサ(リリー・コリンズ)は、エリカに引き取られたものの、離婚をきっかけにして、それ以来、エリカとは言葉を交わさなくなっていた。
 
 小説家を目指すサマンサは、ビルの手助けを受けずに何とか出版までこぎつける。感謝祭でそのことを知らされたビルは、自分がアドバイスしたストーリーがボツにされ、少々落ち込み気味。彼女もまた、大学で同じ講義を取っているルイス(ローガン・ラーマン)から好意を寄せられているものの、両親の離婚を経験し、「愛」とは何なのか疑問を持つようになっていた。
 
 そんな中、サマンサの本が出ることを知ったエリカは、彼女にお祝いの電話をかける。しかし、彼女がエリカからの電話を取ることはなかった。その夜、クラブに出かけたサマンサは、ルイスと顔を合わせてしまう。生真面目なルイスは一緒にいて退屈で、サマンサは、彼に付きまとわれることにうんざりしていた。
 
 一方、サマンサの弟のラスティ(ナット・ウルフ)は、学校でクラスメイトのケイト(リアナ・リベラト)に好意を寄せるようになるが、彼女に気持ちを打ち明けられずにいたが、ある日、ラスティは、勇気を振り絞ってパーティに出かけたものの、そこでケイトが薬物を使用している場面を目撃してショックを受ける。
 
 愛を失った父親と愛を信じない娘、愛に臆病な息子。それぞれに想いを抱えた3人が苦悩の末に一歩踏み出した先で見たものとは…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ジョシュ・ブーン
 

【出演俳優】

 
 リリー・コリンズ
 ローガン・ラーマン
 グレッグ・キニア
 ジェニファー・コネリー
 ナット・ウルフ
 クリステン・ベル
 リアナ・リベラト
 
 
 

【動画】

 
★ハッピーエンドが書けるまで★【fmovies】
 
【吹替・speedvid】
【吹替・9tsu.com】
【吹替・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧