【泣ける映画】「パトリオット・デイ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「パトリオット・デイ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『パトリオット・デイ』は、2017年に公開されたアメリカの映画です。2013年のボストンマラソン実施中に起きたテロ事件を題材にして、事件の犯人逮捕に挑む刑事や警官たちの勇姿を描いたサスペンス、クライムドラマです。監督は『ローン・サバイバー』などハードな作風で知られるピーター・バーグ。出演は『テッド』などハリウッドで引っ張りだこのマーク・ウォールバーグ、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 2013年のアメリカ東海岸北部の町ボストン。世界中から参加者が集うボストンマラソンを控え、警察は周辺のパトロールや交通整理に追われていた。
 
 殺人課の刑事、トミー・サンダース(マーク・ウォールバーグ)も妻のキャロル(ミシェル・モナハン)に見送られながら、久しぶりの制服で出勤していた。ボストンマラソンは近代オリンピックの次に古いスポーツ大会でもある。
 
 その参加者は4万7000人にも上り、愛国の日(パトリオット・デイ)である4月の第3月曜日に開かれる決まりとなっていた。
 
 マラソン大会は無事スタートし、トミーや警察をはじめ50万人の観客が見守るなか次々とランナーがゴールに駆け込んでくる。
 
 しかし次の瞬間、トミーの背後で爆発が起こり、周囲は煙に包まれる。そして歓声は悲鳴に変わっていった。
 
 トミーは混乱する現場の指揮を執り、救急隊を誘導する。市民たちは血を流し何が起こったのかと泣き叫んでいた。
 
 間も無くして救援とともにFBIの特別捜査官であるリック・デローリエ(ケヴィン・ベーコン)が現れ、この爆発を計画的なテロ事件として扱うと宣言する。特別捜査本部が設置され、当日の監視カメラの映像が徹底的に洗われていく。
 
 一方、トミーはキャロルに心配されながらも病院に搬送された被害者から事情を聞き、怪しい人影を見なかったかと情報を集める。
 
 リックは、巨大な倉庫を借り、そこにゴール付近の現場を再現して爆発の詳細を明らかにする。
 
 そして、ボストン市警だけでなく、FBIもまた、市民を巻き込んだ、卑劣なテロ事件の犯人逮捕に全力を挙げていくのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ピーター・バーグ
 

【出演俳優】

 
 マーク・ウォールバーグ
 ケヴィン・ベーコン
 ジェームズ・コルビー
 レイチェル・ブロズナハン
 ジョン・グッドマン
 J・K・シモンズ
 ミシェル・モナハン
 ヴィンセント・カラトーラ
 アレックス・ウォルフ
 テモ・メリキゼ
 マイケル・ビーチ
 メリッサ・ブノワ
 カンディ・アレクサンダー
 デヴィッド・オーティス
 
 
 

【動画】

 
★パトリオット・デイ★【fmovies】
 
【字幕・openload】
【吹替・openload】
【吹替・clipwatch】
【吹替・streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧