【泣ける映画】「パリ、テキサス」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「パリ、テキサス」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『パリ、テキサス』は、1985年公開のドイツ、フランス映画で監督は『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』のヴィム・ヴェンダースで、脚本は『ジャッキー・コーガン』など、俳優としても活躍するサム・シェパードです。テキサスの荒野を舞台にして、放浪していた男が妻子と再会し、再び別れを迎える姿を描いています。出演はハリー・ディーン・スタントンなど。ジャンルはヒューマンドラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 テキサスの荒野をあるくひとりの男性(ハリー・ディーン・スタントン)がいた。彼は、張りつめた表情のまま、砂漠の中を歩き続け、ガソリンスタンドへたどり着くと水を飲み、そのまま倒れてしまう。
  
 その後、この男性は病院に搬送されるものの、彼は身元が判明するものを何一つ持っていなかった。彼を診察した医師(ベルンハルト・ヴィッキ)が、困惑しながら、偶然、彼のポケットに入っていた名刺に書かれていたウォルトという人物(ディーン・ストックウェル)に電話したところ、彼は、この男性の兄であることが判明する。
 
 ウォルトの話では、この男性はトラヴィスという名で、4年前から行方を暗まし、彼の家族もずっと彼の行方を探していたとのことであった。しかし、ウォルトが病院に迎えに来ると、トラヴィスは、病院を脱走しようしていた。
 
 ウォルトが、彼の家族の待つロサンゼルスに戻るため、飛行機に乗ろうとすると、トラヴィスは、激しくこれを拒んだ。そこで、ウォルトは、レンタカーを借りてトラヴィスを乗せると、ふたりは、トラヴィスの息子のハンター(ハンター・カーソン)が待つロサンゼルスへと向かうことにした。
 
 トラヴィスは記憶を失っているようであった。当初、トラヴィスは何も話さなかったが、やがて、彼は、テキサスのパリスに購入した土地が恋しいとウォルトに放し始める。彼によれば、その土地は、荒野ではあるが、彼の父と母が愛を交わした場所なのだという。
 
 その後、ウォルトは、トラヴィスをロサンゼルスへ連れ帰り、彼の自宅で預かっていたハンターと再会させる。このときハンターはすでに7歳になっていたが、4年ぶりの親子の再会は、とてもぎこちないものだった。
 
 しかし、ハンターとトラヴィスは数日を一緒に過ごすうちに、ふたりの間のわだかまりが消えていき、親子の絆が戻ってきたようであった。
 
 その後、トラヴィスは、彼の妻ジェーン(ナスターシャ・キンスキー)が、毎月、テキサス州の首都ヒューストンから、わずかながらハンターのために送金をしている旨を聞かされる。そして、トラヴィスが、中古の自動車を購入し、ジェーンに会いにヒューストンまで行くことを決めると、ハンターも一緒に行くことにした。
 
 やがて、ヒューストンへとたどり着いたトラヴィスは、街の銀行から出来てきたジェーンと思われる女性の車の後をつけて、たどり着いた建物の中に入っていくのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ヴィム・ヴェンダース
 

【出演俳優】

 
 ハリー・ディーン・スタントン
 ナスターシャ・キンスキー
 ハンター・カーソン
 ベルンハルト・ヴィッキ
 ディーン・ストックウェル
 オロール・クレマン
 
 
 

【動画】

 
★パリ、テキサス★【fmovies】
★パリ、テキサス★【123movies】
 
【字幕・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧