【泣ける映画】「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』は、2006年に公開されたアメリカの映画です。監督は最新作『女神の見えざる手』が注目を集めているジョン・マッデン。『恋におちたシェイクスピア』でタッグを組んだグウィネス・パルトロウを再び招き、天才数学者であり、彼女が最も愛する父親を亡くしたひとりの女性数学者の悲しみと再生の姿を描いた人間ドラマです。共演にはジェイク・ギレンホール、アンソニー・ホプキンスなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 ノースウェスタン大学を中退した数学者のキャサリン(グウィネス・パルトロウ)は、今年で27歳の誕生日を迎えていた。
 
 彼女は、シカゴ大学で教授を務め、天才と呼ばれた同じく数学者のロバート(アンソニー・ホプキンス)を父に持っていた。
 
 そんなキャサリンは、自分のことを二の次にして、心を病んでいるロバートのケアに当たっていた。しかし5年間の彼女の献身も虚しく、ロバートはこの世を去ってしまう。
 
 キャサリンにとって、父の存在は人生の道しるべであった。そんなキャサリンの前に、ロバートの教え子だったハル(ジェイク・ギレンホール)が現れる。
 
 彼は、ロバートの遺品である研究ノート、103冊を調べたいのだと訪ねてきたのだ。
 
 しかし、ハルは、その中の一冊を持ち出そうとし、キャサリンと口論になってしまう。キャサリンがノートを開くと、そこには父からの感謝の言葉。ハルはそれをラッピングし、プレゼントにしようとしていただけだった。
 
 ロバートの葬儀が行われることになり、アメリカのニューヨークでアナリストをしているキャサリンの姉、クレア(ホープ・デイヴィス)が帰省する。
 
 葬儀でスピーチを務めたキャサリンだったが、聞こえのいい言葉に嫌気が差し、思わず父の悪態をついてしまう。
 
 会場を飛び出した彼女は、その後ハルと再会し、彼が想いを寄せていることを知る。こうしてキャサリンは成り行きに任せ、自室でハルと一夜を共にする。
 
 翌朝、キャサリンは、ハルに遺されたノートを託そうとしていたが、クレアは家を売り払うと言い出した。
 
 そんなクレアの言葉を聞いたキャサリンは、これまで父親の面倒も看ず、好き勝手にしてきた姉の勝手な言い分に、ついに激昂してしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ジョン・マッデン
 

【出演俳優】

 
 グウィネス・パルトロウ
 ホープ・デイヴィス
 ゲイリー・ハウストン
 アンソニー・ホプキンス
 ジェイク・ギレンホール
 
 
 

【動画】

 
★プルーフ・オブ・マイ・ライフ★【gomovies】
★プルーフ・オブ・マイ・ライフ★【xmovies8】
 
【字幕・miomio】
【字幕・vidoza】
【字幕・vidoza】
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧