【泣ける映画】「ベイブ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ベイブ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ベイブ』は1996年公開のオーストラリア、アメリカ映画。監督は『ミス・ポター』のクリス・ヌーナンで、イギリスの児童文学作家、ディック・キング・スミスの『The Sheep-Pig』を基に、牧羊犬ではなく、牧羊豚となるべく奮闘する1匹の子ブタの奮闘劇を描いたファンタジードラマです。実際の動物たちとCGを組み合わせた映像は話題となり、第68回アカデミー視覚効果賞を受賞しています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 ベイブ(声:クリスティーン・カヴァナー)は、とある養豚場で生まれた平凡な子ブタ。
 
 ベイブは農村で開かれた「子ブタの体重当てコンテスト」の景品となり、アーサー・ホゲット(ジェームズ・クロムウェル)の下へと引き取られることになる。
 
 ホゲットの牧場には、引退した牧羊犬のレックス(声:ヒューゴ・ウィーヴィング)と、その妻フライ(声:ミリアム・マーゴリーズ)、そしておしゃべりなアヒルのフェルディナンド(声:ダニー・マン)たちが暮らしていた。
 
 当初、アーサーは、ベイブを太らせ、ソーセージにして食べようと考えていたが、ベイブはそんなことは知る由もなく、母親と引き離されてしまったことをひどく悲しんでいた。
 
 そんなベイブにフライは優しく語りかけ、しだいに面倒を見るようになっていった。
 
 優秀な牧羊犬であるフライの後をついてまわるうち、ベイブは、しだいに、その仕事に憧れを抱くようになっていき、フライをママと呼んで、彼女の真似を始めるようになる。
 
 そんなある朝、アーサーはベイブがニワトリたちを整列させているのを目撃する。
 
 何かの偶然かと思っていたアーサーであったが、その後、ベイブは家畜泥棒が出たことをいち早く知らせたことで彼の信頼を得るようになっていった。
 
 こうして、アーサーは、ベイブを牧羊豚として教育し始める。経験豊富な牧羊犬のレックスは、豚には無理だというが、おばあさん羊のメー(声:ミリアム・フリン)は、密かにベイブを応援していた。
 
 ところが、ある日、メーは、野犬に襲われ命を落としてしまう。
 
 この時、ベイブは、野犬を追い払ったものの、メーの返り血を浴び、まるでメーを襲った犯人と勘違いされてしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
クリス・ヌーナン
 

【出演俳優】

 
 ジェームズ・クロムウェル
 マグダ・ズバンスキー
 ミリアム・フリン
 ルシー・テイラー
 ダニー・マン
 ヒューゴ・ウィーヴィング
 クリスティン・カヴァナー
 ミリアム・マーゴリーズ
 
 
 

【動画】

 
★ベイブ★【fmovies】
★ベイブ★【123movies】
 
【吹替①】【吹替②】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧