【泣ける映画】「ベイマックス」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ベイマックス」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「ベイマックス」は2014年に公開されたアメリカのアニメ映画です。近未来の都市を舞台にして、科学に関する類まれなる才能を持つ少年が、兄を失い、心を閉ざす中、兄が作った癒し系ロボットとの交流を通じて、再生と成長を果たしていく様子を描いたSFアニメです。監督は「くまのプーさん(2011)」のドン・ホール、「ボルト」のクリス・ウィリアムズが共同で務めています。舞台となる都市は東京を感じさせるデザインで、作品の見どころとなっています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 近未来、最先端の技術が集まる都市、サンフランソーキョー。そこに住む14歳の少年であるヒロ(ライアン・ポッター)は、幼いころに両親を亡くし、兄であるタダシ(ダニエル・ヘニー)とふたりで、叔母のキャス(マーヤ・ルドルフ)が営むカフェ兼住居で暮らしていた。
 
 飛び級制度が充実した近未来。成績優秀な彼は、本来中学生の年齢でありながらも既に高校を卒業していたが、自分が将来やりたいことが見つかっていなかったヒロは、禁じられていたロボットバトルという競技に夢中になっていた。
 
 そんなある日、大学生であるタダシは、ヒロをキャンパスに連れて行き、ともに研究を進める仲間であるフレッド(T・J・ミラー)やゴー・ゴー(ジェイミー・チャン)、ハニー・レモン(ジェネシス・ロドリゲス)らに引き合わせる。彼らは、大学の中で、ロボットに関する研究を続けており、その中でも、タダシは傷ついた人の心を癒せるようなケアロボットの開発を進めていた。
 
 タダシと一緒に大学キャンパスに行ったヒロは、ここで偶然、ロボット工学の第一人者であるロバート・キャラハン教授(ジェームズ・クロムウェル)に出会い、彼に触発されて、この大学への入学を希望する。
 
 教授は、ヒロに対し、大学で行われる発表会に、自作したロボット持ち込んで、審査員に合格をもらえれば入学を認めるという。ヒロはタダシからアドバイスを受け、意識だけで操作できる小さなロボットである『マイクロボット』を完成させ、このマイクロボットは発表会で高く評価され、ヒロは晴れて入学を認められることになる。
 
 しかし、その直後、大学内で発生した火災の中、教授を助けようとしたタダシは、そのまま帰らぬ人となってしまう。これまで、何かと反抗しながらも、心の底では尊敬していた兄を亡くしたヒロは、悲しみのどん底の中で、自宅に引きこもるようになってしまう。
 
 そんなヒロの前に現れたのは、生前、タダシが制作をしていたマシュマロのようなボディが特徴の癒し系ロボットのベイマックス(スコット・アツィット)であった…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ドン・ホール
 クリス・ウィリアムズ
 

【出演俳優】

 
 ライアン・ポッター
 スコット・アツィット
 T. J. ミラー
 ジェームズ・クロムウェル
 アラン・テュディック
 ダニエル・ヘニー
 マーヤ・ルドルフ
 ジェイミー・チャン
 デイモン・ウェイアンズ・Jr.
 ジェネシス・ロドリゲス
 
 
 

【動画】

 
★ベイマックス★【fmovies】
 
【吹替・9tsu】
【吹替・9tsu】
【吹替・nico】
【吹替・openload】
 
【字幕・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧