【泣ける映画】「ベン・ハー 1959」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ベン・ハー 1959」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ベン・ハー』は、1959年に公開されたアメリカの映画で、監督は『ローマの休日』や『黄昏』で知られるウィリアム・ワイラーです。過去に幾度も映像化されたルー・ウォレス将軍の小説を基にして、ユダヤ教の聖地エルサレムを舞台にして、ローマ帝国の圧政とキリスト教の最後、そしてユダヤ人豪族の息子であるベン・ハーの数奇な運命を描いた歴史ドラマです。出演はチャールトン・ヘストンなどで、54億円の制作費と6年半という制作期間を投じた大作中の大作となっています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 紀元後1世紀のエルサレム。この頃、エルサレムの地はローマ帝国に支配されており、そこに生きるユダヤ人たちもまた、ローマ帝国に支配されていた。
 
 そして、ユダヤ王族の長男であるベン・ハー(チャールトン・ヘストン)と、彼の幼馴染でありローマ駐屯軍の将校となったメッセラ(スティーブン・ボイド)は、支配被支配という関係を飛び越えた友情を結んでいたが、大人になるにつれその関係は複雑なものになっていた。
 
 出世願望に取り憑かれたメッセラは、着任から間も無くして、ベン・ハーに対し裏切り者を密告するように依頼した。
 
 これまでの彼とは思えない発言にベン・ハーは戸惑い、悩みぬいた末、民衆を苦しめることはできないと断る。
 
 すると、メッセラは協力を拒んだベン・ハーに恨みを募らせていった。そして、帝国から派遣されたエルサレムを治める新しい提督の着任式で大きな事件が起こる。
 
 ベン・ハーの妹であるティルザ(キャシー・オドネル)が、偶然にも瓦を屋根から落としてしまい、それが提督の隊列近くに落下したのだ。
 
 このことが、新提督の暗殺未遂と取られ、ベン・ハーの家族は捉えられてしまい、メッセラは、彼らを弁護することなく、罪人に仕立て上げたのだった。
 
 ベン・ハーの家族は離れ離れになり、ベン・ハー自身も奴隷の身分に堕とされてしまう。
 
 ガレー船の船底で、死ぬまで漕ぎ手として働くという刑に処されたベン・ハーは、脱水症状から死の淵に立たされながらも、強い復讐心で生き延びていく。
 
 そして海戦の最中、海軍司令官アリウス(ジャック・ホーキンス)の命を救ったベン・ハーは、やがて、刑を免れ、第二の人生を歩むことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ウィリアム・ワイラー
 

【出演俳優】

 
 チャールトン・ヘストン
 ジャック・ホーキンス
 ローレンス・ペイン
 ダンカン・ラモント
 マーサ・スコット
 サム・ジャフェ
 キャシー・オドネル
 フィンレイ・カリー
 スティーブン・ボイド
 ハヤ・ハラリート
 ヒュー・グリフィス
 フランク・スリング
 リチャード・ヘイル
 
 
 

【動画】

 
★ベン・ハー 1959★【bmovies】
★ベン・ハー 1959★【123movieshub】
 
【字幕】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧