【泣ける映画】「ボクの妻と結婚してください。」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ボクの妻と結婚してください。」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「ボクの妻と結婚してください。」は、2016年に公開された日本映画。放送作家である樋口卓治が書き上げた人気小説を原作にして、放送作家である主人公が、自らの余命宣告を受けたことをきっかけに愛する妻の次の旦那を探すという、ちょっと変わったエンディング・ノートを作成し、この企画を実現していく様子を描いた人間ドラマです。監督は「県庁おもてなし課」や「阪急電車 片道15分の奇跡」の三宅喜重で、出演は織田裕二、他。切なくも希望に満ちた素晴らしい作品です。中島美嘉が歌う主題歌「Forget Me Not」もおススメです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 「バラエティ番組を中心に、人を楽しませる企画を考える。」それが放送作家、三村修治(織田裕二)の仕事であった。柔軟な発想で人気作家となった彼は、常に複数のレギュラー番組を抱え、多忙な日々を送っていた。
 
 そんなある日、自らの企画の番組収録に立ち会っていた修治は、突然、腹部に痛みを覚えた。あまりの痛みに、病院を訪れた修治は、すぐに検査を受けることにした。
 
 ところが、検査の結果、彼に告知された結果は、ステージ4のすい臓ガンに侵され、余命6か月であるという衝撃的な事実であった。これを聞いた修治は大ショック。病院で医師に告げられたこともほとんど耳に入らず、這々の体で帰宅する。
 
 帰宅した彼は、妻の彩子(吉田羊)にどう説明しようか、そればかり考えていた。二人の間に生まれた陽一郎(込江海翔)のこともある。けれども、修治のスケジュール帳は仕事でいっぱいで、とても家族と向き合う時間は作れそうになかった。企画会議に参加しても修治は上の空。愛妻家である彼は、彩子が、自分がガンであることを知ったらどんな反応をするか、そのことだけが気になって仕方なかった。
 
 しかし、その翌朝、修治は、妻と息子が、自分が企画した番組を見て笑っているのを目にし、めげている場合じゃないと思いなおす。そして、修治はこの状況を活かした企画ができないかと考え始める。
 
 出勤前、いつものようにサウナに出かけた修治は、そこで婚活のCMが目に留まった。CMを見て、妻のウエディングドレス姿を連想した彼は、自分が去ったあと、妻を一人ぼっちにしてはいけないと思い立ち、彩子の次の旦那を探す計画を立てることを決意する。
 
 そして、すぐに本屋に駆け込むと、彼は、婚活関連の本を買いあさり、エンディングノートに代えた、彼の人生最後の企画を立て、ひとつひとつ実行していくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 三宅喜重
 

【出演俳優】

 
 織田裕二
 吉田羊
 原田泰造
 小堺一機
 大杉漣
 高島礼子
 込江海翔
 森カンナ
 眞島秀和
 佐藤ありさ
 前川泰之
 大塚千弘
 
 
 

【動画】

 
★ボクの妻と結婚してください。★【9tsu】
★ボクの妻と結婚してください。★【9tsu】
★ボクの妻と結婚してください。★【openload】
★ボクの妻と結婚してください。★【openload】
★ボクの妻と結婚してください。★【rapidvideo】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧