【泣ける映画】「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』は、2017年に公開されたアメリカの映画です。監督は007シリーズの『トゥモロー・ネバー・ダイ』を手がけたロジャー・スポティスウッドで、彼が17年ぶりに手掛けた今作は、夢に破れて、ホームレスとなった元ストリート・ミュージシャンの青年が、一匹の猫と運命的な出会いを果たし、この猫とともに人生の修復をしていく姿を描いた実話をもとにした人間ドラマです。主演は『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』のルーク・トレッダウェイが務めています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 イギリスの首都ロンドン。ここに、ボロボロの服で路上に座り込み、ギターを奏でる一人の青年がいた。
 
 彼の名はジェームズ・ボーエン(ルーク・トレッダウェイ)。
 
 音楽での成功を夢見ていたジェームズであったが、結局、彼が日の目を見ることはなかった。
 
 やがて、薬物に依存するようになったジェームズは、裕福な父ジャック(アンソニー・ヘッド)からも見放され、定職につくこともできずにポケットの小銭だけで、その日暮らしの生活をしていた。
 
 そんなある日、ジェームズは、大量の薬物摂取で救急搬送され、ソーシャルワーカーのヴァル(ジョアンヌ・フロガット)と出会うことになる。
 
 ヴァルは、病院で行なっている更生プログラムを受けることを、ジェームズに勧める。
 
 すでに体がボロボロになっていたジェームズに、ヴァルは、本気で薬物と手を切るにはこれが最後のチャンスであることを告げる。
 
 この言葉をきっかけに、ジェームズは意を決して、更生プログラムに参加することを決める。
 
 すると、その夜、ジェームズのアパートに、一匹の猫が迷い込んで来る。彼は、猫にエサを挙げた後、外へ帰そうとするが、猫は部屋から出ていかなかった。
 
 そこで、彼は、一晩だけ泊めてやることにし、翌朝、再び猫を外に放すが、彼は夜になるとまた戻ってきていた。
 
 しつこさに呆れるジェームズだったが、彼がよく見ると、この猫は後ろ足に怪我をしていた。
 
 ジェームズは、ちょうど帰宅してきた隣人のベティ(ルタ・ゲドミンタス)に助けを求め、怪我の治療をしてもらう。
 
 その後、彼女は、猫にボブという名前をつけ、この日を境に、ジェームズは思わぬ珍客と生活を共にすることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
ロジャー・スポティスウッド
 

【出演俳優】

 
 ルーク・トレッダウェイ
 ルタ・ゲドミンタス
 ジョアンヌ・フロガット
 アンソニー・ヘッド
 
 
 

【動画】

 
★ボブという名の猫 幸せのハイタッチ★【fmovies】
 
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧