【泣ける映画】「ポーラー・エクスプレス」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ポーラー・エクスプレス」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ポーラー・エクスプレス』は2004年に公開されたアメリカの映画です。監督は『マリアンヌ』や『フライト』など、近年でも良作を多く輩出している巨匠、ロバート・ゼメキス。アメリカでは定番となっている絵本エクスプレス『北極号』をベースにして、CGアニメーションでの幻想的な世界を描いたファンタジードラマです。声の出演は『ザ・サークル』のトム・ハンクスなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 雪が降りしきるクリスマスイブの真夜中。この夜、ベッドルームで過ごすひとりの少年(声:ピーター・スコラリ)がいた。幼い頃はサンタクロースの存在を信じていた彼も、今ではクリスマスを楽しめなくなっていた。
 
 ところが、そんなとき汽車の汽笛が聞こえてくる。その音は徐々に近づき、少年は堪らず外に飛び出していく。すると目の前にはまばゆく輝く汽車が停車していた。
 
 そして、汽車の中から車掌(声:トム・ハンクス)が現れる。彼は、この汽車を「ポーラー・エクスプレス」と紹介し、少年に乗車を誘った。
 
 少年は突然の出来事に戸惑いつつも、これまで失っていた純粋な好奇心が動き始めるのを感じていた。車掌は乗るも乗らないも自由だが、名簿には君の名前があるよ、と告げる。
 
 車掌の言葉とともにゆっくりと走り出した列車に少年が恐る恐る汽車に乗り込んでいくと、車内に大人の姿はなく自分と同年代の子供たちの姿があった。
 
 乗車している子供たちは、裕福そうな子供もいれば貧しそうな子供もいたが、人種に関わらず車掌によって汽車に招かれたことが見て取れた。車掌はこの列車の行き先は北極だとアナウンスする。
  
 少年は黒人の少女(声:ノーナ・ゲイ)と乗り合わせることに。彼が乗り込んだ後も、停車しては子供たちが乗り込んでくる。
 
 その後、車内では、ホットチョコレートが振る舞われ、子供たちは幻想的な時間を過ごしていた。
 
 ところが、少女が切符を無くしてしまい、少年は車掌とともに探してあげる。
 
 そんな中、機関士が操縦を誤り、機関車は操縦不能となってアイスバーンの上を滑るように走行していくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ロバート・ゼメキス
 

【出演俳優】

 
 トム・ハンクス
 ピーター・スコラリ
 マイケル・ジェッター
 チャールズ・フライシャー
 ノーナ・ゲイ
 エディ・ディーゼン
 
 
 

【動画】

 
★ポーラー・エクスプレス★【gostream】
★ポーラー・エクスプレス★【fmovies】
 
【字幕・fc2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧