【泣ける映画】「半落ち」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「半落ち」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『半落ち』は2004年に公開された日本映画です。横山秀夫のベストセラー小説を『東京難民』や『チルソクの夏』の佐々部清監督が映画化し、脚本には『今日から俺は!!』の田部俊行が参加しています。妻を殺害した警部を寺尾聰が演じています。共演は原田美枝子、柴田恭兵など。出演俳優たちの深みのある演技が高く評価されている人間ドラマで、この作品は2005年日本アカデミー賞の最優秀作品賞を受賞し、主演の寺尾聰はこの年の最優秀主演男優賞に輝いています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 ある日、現役の警部である梶聡一郎(寺尾聰)が川越中央警察署に出頭して来た。彼は、出頭した警察署で、アルツハイマーにかかっていた妻の啓子(原田美枝子)を殺害したと打ち明け、そのまま逮捕されることになる。殺人を担当する捜査一課の刑事、志木和正(柴田恭兵)が取り調べに当たり、取り調べが始まると、梶は自らの行動を素直に口述していった。
 
 ところが、志木は、彼の供述から1つの不可解な点を感じていた。それは、彼が出頭してきたのは殺害から3日経った後だったことである。
 
 しかし、志木は殺害から出頭までの間、何をしていたのか質問するも梶は答えようとしない。彼は「落としの志木」という異名を持つだけに、語ろうとしない梶の姿勢が気に入らなかったが、警察上層部は現役の警部が妻を殺した、というスキャンダルを早く水に流そうとしていた。犯行の自供だけ取れれば十分だとされ、志木はこのままでは半分の自供しか取れていない、「半落ち」だとして個人的に空白の2日間を調査していく。
 
 梶は周囲にも知られた愛妻家で、啓子がアルツハイマーになってからも仕事の合間を縫ってケアをしてきた。その梶がなぜ妻を殺し、2日経ってから自首したのか、後追い自殺をするという選択肢もあったはず。志木が調べを進める間にも、事件はマスコミにリークされ話題になってしまう。警察では騒ぎを恐れ、妻に依頼されて殺したのだと事件に蓋をしてしまう。
 
 一方、志木は梶の目撃情報を得て新宿の歌舞伎町を訪れていた。そこには彼だけでなく東洋新聞の記者、中尾洋子(鶴田真由)の姿もあった。二人がそれぞれ調査を進めているうちに、やがて、梶が妻の殺害後なぜ歌舞伎町へやってきていたのか、その理由が明らかになっていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 佐々部清
 

【出演俳優】

 
 寺尾聰
 原田美枝子
 久保田智子
 横山秀夫
 柴田恭兵
 樹木希林
 永井杏
 村瀬小百合
 吉岡秀隆
 鶴田真由
 並樹史朗
 石田法嗣
 國村隼
 伊原剛志
 田村三郎
 永倉大輔
 西田敏行
 石橋蓮司
 小川敏明
 崔哲浩
 奈良岡朋子
 田辺誠一
 加藤満
 有安多佳子
 井川比佐志
 高島礼子
 豊原功補
 寺杣昌紀
 本田博太郎
 田山涼成
 笹野高史
 嶋尾康史
 斎藤洋介
 中村育二
 岩本多代
 奥貫薫
 高橋一生
 嶋田久作
 
 
 

【動画】

 
★半落ち★【tudou.com】
★半落ち★【daily①】【daily②】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧