【泣ける映画】「夫婦フーフー日記」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「夫婦フーフー日記」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『夫婦フーフー日記』は、2015年公開の日本映画です。闘病ブログを書籍化した『がんフーフー日記』を原作にして、死んだはずの妻とその夫が夫婦生活を振り返っていくというファンタジードラマです。監督は『わたしのハワイの歩きかた』や『婚前特急』など、ポップな恋愛ものを得意とする前田弘二。出演は『3月のライオン』の佐々木蔵之介、『四十九日のレシピ』の永作博美、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 清水浩太(佐々木蔵之介)は、編集社に勤めながら、作家を志望し、何度も賞に応募していた。しかし、佳作にすらかすりもせず、毎度落選する日が続いていた。そんな彼を励ましてくれたのが、友人である優子(永作博美)であった。彼女は、「とにかく書いて書いて書きまくれ」、と浩太を励まし、彼の背中を押していた。
 
 そんなある日、優子が田舎の福島に帰り、彼女がお見合いをすることを知った浩太は、このことにショックを受け、そのまま彼女に告白をする。優子は17年間友人だった浩太の告白に、驚きながらも喜び、二人は結婚することを決意する。
 
 こうして入籍し、同居を始めた二人は、その後、優子が妊娠していることがわかる。彼女は、体調不良が続いていたが、それは妊娠したせいだと思っていたことから、あまり気にも留めなかった。
 
 その後も、検査で優子は腸に腫瘍がある診断されたものの、彼女のプラス思考が災いし、気が付いた時には、優子はステージⅢの直腸ガンになっていた。
 
 優子の入院が決まったころ、浩太はふたりの闘病生活を記録するためにブログを始め、友人たちも、ふたりを応援するように、ブログの記事を読むようになっていった。
 
 そして、大学病院へ入院した優子は、お腹の子を帝王切開で出産する。生まれた赤ちゃんは未熟児だったため、彼女は子供を抱くことが出来ず、子供は保育器の中で過ごす日々が続いた。
 
 彼女の出産から3ヶ月後、優子は、ガンが肺へと転移し、直腸の状態も悪くなったため、人工肛門の手術を受けることになった。
 
 そんな優子は、表向き明るく振舞っていたものの、もう長く生きられないであろうことを怯えていた。一度は退院したものの、その後、容体が急変し再入院。最後を福島の実家で迎えたいという優子は、先に実家へと戻り、浩太が身の回りのことを片付け、後から追い掛ける予定だった。
 
 ところが、実家に帰宅した優子は、浩太が来るのを待たずに、そのまま息を引き取ってしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 前田弘二
 

【出演俳優】

 佐々木蔵之介
 永作博美
 宇野祥平
 小市慢太郎
 杉本哲太
 佐藤仁美
 高橋周平
 大石吾朗
 吉本選江
 並樹史朗
 梅沢昌代
 
 
 

【動画】

★夫婦フーフー日記★【openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧