【泣ける映画】「引き出しの中のラブレター」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「引き出しの中のラブレター」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『引き出しの中のラブレター』は、2009年に公開された日本映画です。監督はドラマの演出を多数務めてきた三城真一で、脚本は『ミュージアム』や『るろうに剣心』で知られる藤井清美です。常盤貴子を主演に迎え、林遣都、中島知子などが共演を務めています。絶縁状態のまま父親と死別したラジオのパーソナリティが、番組に届いた一通の手紙をきっかけにして、リスナーが胸の中に秘めていた想いを電波に載せて伝えることで、これを聞いた人々の心に訴えかけていく姿を描いた人間ドラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 ラジオのパーソナリティを務めている久保田真生(常盤貴子)は、2ヶ月前に他界した父、孝正(六平直政)が生前、彼女に宛てた手紙を受け取ることになる。そんな真生は、4年前、仕事が原因で孝正と口論になり、そのまま絶縁状態が続いていたのだ。手紙を受け取った真生は、この手紙を開ける勇気がなく、そのまま引き出しにしまい込んでしまう。彼女の中では、孝正に対して申し訳ないという気持ちと自分を理解してくれなかったことに対する苛立ちが渦巻いていた。
 
 そんなある日、真生は彼女の番組のリスナーである北海道の高校生、直樹(林遣都)から手紙を受け取った。この手紙には、父の健一(豊原功補)と喧嘩をし、笑わなくなってしまった祖父、恭三(仲代達矢)に、また笑って欲しい、という想いが綴られていた。
 
 この手紙を受け取った真生は、直樹が住む函館を訪れると、彼の家族が抱えるわだかまりに向き合っていく。やがて、このことが孝正と和解することができなかった彼女にとって、心の救いとなっていたことに気づき始めた。そこで、真生は、リスナーの届けられなかった想いを伝えるための番組、「引き出しの中のラブレター」を企画すると、番組には様々な事情を抱えたリスナーからの投稿が次々と届くようになる。
 
 上京したてのタクシー運転手、稲村太郎(岩尾望)は人柄こそいいものの、不器用な性格で何より道がわからない。単身赴任して家族に仕送りをする彼は、何度もくじけそうになりながらも懸命に働いていた。
 
 また、親が敷いたレールを順調に進み、医師になった中倉晃平(竹財輝之助)や悩みぬいた末にシングルマザーになることを決意した松田由梨(中島知子)。そんな彼らの想いを真生は電波を通してリスナーに届けていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 三城真一
 

【出演俳優】

 
 常盤貴子
 林遣都
 中島知子
 岩尾望(フットボールアワー)
 竹財輝之助
 萩原聖人
 本上まなみ
 吹越満
 六平直政
 水沢奈子
 西郷輝彦
 豊原功補
 八千草薫
 仲代達矢
 伊東四朗
 片岡鶴太郎
 
 
 

【動画】

 
★引き出しの中のラブレター★【youku】
★引き出しの中のラブレター★【youku】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧