【泣ける映画】「春の雪」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「春の雪」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『春の雪』は2005年に公開された日本映画です。監督は『ピンクとグレー』で知られる行定勲、『きょうのできごと』でタッグを組んだ妻夫木聡を迎え、三島由紀夫の『北の零年』を映像化しました。脚本には佐藤信介監督も参加しています。大正時代の華族社会を舞台にして、運命に翻弄されるある男女の悲しい恋物語を描いたラブ・ストーリーです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 大正時代の初期。松枝家のひとり息子である清顕(妻夫木聡)は、幼い頃に公家の家系である綾倉家へ預けられ、綾倉家の娘である聡子(竹内結子)と共に育ってきた。二人は、互いに惹かれあっていたが、互いに気持ちを素直に打ち明けられずにいた。
 
 そして、綾倉家からは松枝家は成り上がりの金持ちだと蔑まれており、綾倉の伯爵(石丸謙二郎)は、たとえ聡子が松枝に嫁ぐことになっても生娘のまま嫁がせることはしない、と待女の蓼科(大楠道代)に告げていた。
 
 松枝の侯爵(榎木孝明)と夫人(真野響子)、そして綾倉家と両家に挟まれた清顕は複雑な心境を抱えていた。19歳になった彼は、二つ年上の聡子が美しくなっていくのをそばで見ていた。
 
 そんな聡子は、松枝夫人から持ち込まれる縁談を断り続け、自由の身を守っていた。そんな背景もあって、清顕は、ますます聡子に惹かれつつも、彼女に対する想いを素直に告げられずにいた。
 
 そんなある日、松枝伯爵が開いた舞踏会で清顕はタイからやってきたバッタナディド殿下(SWINIT PAKJAMAWAT)とクリッサダ殿下(ANUCHYD SAPANGPHONG)と出会うことになる。
 
 殿下達は、タイに残してきた恋人の写真を見せ、清顕に「あなたの恋人は!?」と尋ねる。この時、清顕は、思わず答えに詰まり、ひどく自尊心を傷つけられることになる。
 
 そこで、清顕は蓼科に頼んで、聡子を招待すると、殿下達に彼女を紹介して見せる。聡子の美しさは、たちまち彼らの間で評判になり、清顕も鼻高々だった。
 
 次の朝、二人は馬車で雪見に出かける。昨夜のこともあり、気まずさを抱えていた清顕だったが、聡子に促されるように初めての口づけを交わした。
 
 しかし、その後、旧友の本多(高岡蒼甫)から、清顕の機嫌を損ねるような聡子に関する事実を告げられ、せっかく近づいた二人の距離は、清顕が腹を立てたことで、再び、遠のいてしまう。
 
 そんな中、聡子の美しさは華族界にも広まり、やがて彼女は、洞院宮治典王(及川光博)から求婚される。しかし、清顕を忘れることができなかった聡子は、必死に清顕へ手紙を出し、何とか彼と連絡を取ろうとするものの、機嫌を損ねた清顕は、聡子からの手紙を無視し続けた。
 
 聡子が自らの想いが清顕に伝わらないことに失望をしているうち、洞院宮との縁談は着々と進み、ついに洞院宮と聡子との縁談に対し、天皇の勅許が下ってしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 行定勲
 

【出演俳優】

 
 妻夫木聡
 竹内結子
 水野美穂
 坂本和代
 菅原永二
 よかた汐
 百花
 大野慶太
 三谷侑未
 徳井優
 小堀陽貴
 志田未来
 大橋聖子
 竹乃内明日香
 比佐廉
 大瀧麻紀子
 高岡蒼甫
 大楠道代
 岸田今日子
 若尾文子
 榎木孝明
 真野響子
 高畑淳子
 及川光博
 田口トモロヲ
 中原丈雄
 石橋蓮司
 田中千絵
 石丸謙二郎
 宮崎美子
 山本圭
 横山美智代
 畠山寛
 深来勝
 江沢大樹
 柄本佑
 少路勇介
 朝倉えりか
 上杉二美
 貴志
 徳原晋一
 中務一友
 由依静
 宮田大三
 天野美香
 戸村麻衣子
 岡村麻美
 北村豊晴
 菅原永二
 海老沢神菜
 北原ひとみ
 近野成美
 
 
 

【動画】

 
★春の雪★【tudou】
★春の雪★【myvi・1】【2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧