【泣ける映画】「火垂るの墓」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「火垂るの墓」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「火垂るの墓」は、1988年に公開された日本のアニメ映画。野坂昭如の同名の小説をアニメ化し、戦争によって両親を失った幼い兄妹に降りかかる過酷な運命を描いた戦争アニメ。監督は、「レッドタートル ある島の物語」の高畑勲。声の出演は、「愛しき日々よ」の辰巳努、「隠し剣 鬼の爪」の志乃原良子、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 終戦間近の昭和20年の神戸。この時、神戸の街は、連日連夜、アメリカの爆撃機B29による空襲に見舞われていた。
 
 そんな中、幼い兄と妹の清太(声:辰巳努)と節子((声:白石綾乃)は、空襲の混乱の中、母親と離れ離れになってしまう。
 
 その後、清太が母親と緊急時の集合場所である国民学校へと行くと、母親は、空襲で重傷を負い、すでに危篤状態になっており、その後、息を引き取った。
 
 家を焼け出され、母親を失った清太と節子は、遠い親戚の家に身を寄せることになる。しかし、親戚の家も生活が苦しくなっていく中、親戚である未亡人は、学校にも行かず、防火訓練にも参加しないふたりを快く思わず、しだいに不満をぶつけるようになる。
 
 しだいに、この未亡人の家に身を寄せることに息苦しさを覚えるようになった清太は、ある日、わずかばかりの家財道具をりあかーに積んで、節子と一緒に未亡人宅を出て、川辺の横にある小さな壕で暮らし始めた。
 
 ふたりは、兄妹水入らずで、貧しいながらも楽しい日々を送っていた。
 
 川で取れた魚を食料にし、電気はないので、近くで獲れた蛍を集めて瓶に入れて明かりを取っていた。
 
 これまで清太は、節子に母親が死んだことを話していなかったが、幼いながらも彼女は、母親の死を悟っており、蛍の墓を見ながら母をしのんでいた。
 
 ところが、そんな楽しい暮らしも長くは続かず、食料が尽きたことから、ふたりの生活は極度に窮していくことになる…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 高畑勲
 

【出演俳優】

 
 辰巳努
 白石綾乃
 志乃原良子
 山口朱美
 
 
 

【動画】

 
★火垂るの墓★【9tsu】
★火垂るの墓★【miomio】
★火垂るの墓★【youtube】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧