【泣ける映画】「聖の青春」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「聖の青春」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「聖の青春」は、2016年に公開された日本の映画。大崎善生の同名のノンフィクション小説を映像化したもので、天才棋士と称されながらも、わずか29歳で急逝した村山聖が、病と闘いながら将棋に人生のすべてをささげた姿を描いた人間ドラマ。監督は「ひゃくはち」や「宇宙兄弟(2012)」を手がけた森義隆。主演を務めるのは「ユリゴコロ」の松山ケンイチ、ライバルであり盟友だった羽生善治役を「OVER DRIVE」で注目を集める東出昌大が演じてます。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1994年。春を迎えた大阪。道端に倒れていた青年、村山聖(松山ケンイチ)は通りかかりの人に助けてもらい関西将棋会館へたどり着く。そして盤を前にした村山は、黙々と駒を並べ始める。
 
 一方、彼が対局を行う下階では、大勢の棋士達が熾烈な戦いを繰り広げていた。
 
 村山は幼い頃から肝臓にネフローゼという病気を患い、その体で竜王戦に臨もうとしていた。
 
 村山が暮らすのは一部屋しかない小さなアパート。そこは彼が大好きな少女漫画で埋め尽くされていた。
 
 おとうと弟子に当たる江川貢(染谷将太)が訪ねてきても漫画に夢中で取り合おうとしない。東京にある将棋会館では村山より一つ年下の羽生善治(東出昌大)が新たな名人となり、五冠を達成していた。
 
 圧倒的な強さを誇る羽生には、前人未到の七冠も夢ではないとされていた。
 
 将棋界では世代交代が始まり、羽生を代表する若手棋士達が軒並み活躍していた。記事ではそこに村山の名前も並べられていたが、当の本人は世代で一緒にされてもと迷惑そうにしていた。
 
 だがそんな彼も先の対局で七段に上がり、記念のパーティが行われることに。江川に急かされ向かった会場では、師匠の森信雄(リリー・フランキー)がスピーチで時間を稼いでくれていた。
 
 村山が森の元へ弟子入りしたのは14歳のとき。病気のせいもあり体が弱かった村山は、父の伸一(北見敏之)に買ってもらった将棋セットをきっかけにのめり込んでいく。
 
 病気のせいで不戦敗になることもあったが、村山は病と闘いながらも、必死に盤に向かい続けていたのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 森義隆
 

【出演俳優】

 
 松山ケンイチ
 東出昌大
 竹下景子
 リリー・フランキー
 染谷将太
 北見敏之
 筒井道隆
 安田顕
 柄本時生
 
 
 

【動画】

 
★聖の青春★【9tsu】
★聖の青春★【rapid】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧