【泣ける映画】「蛍火の杜へ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「蛍火の杜へ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「蛍火の杜へ」は、2011年に公開された日本映画。緑川ゆきの人気コミックをテレビアニメ「夏目友人帳」の大森貴弘 が映画化。妖怪が住む森に迷い込んだ少女が、人間でも妖怪でもない不思議な少年と出会い、互いに魅かれ合っていく姿を描いた青春ドラマ。声の出演は、劇場版アニメ「心が叫びたがってるんだ。」の内山昂輝、「劇場版 艦これ」の佐倉綾音。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 就職活動で面接に向かう蛍(声:佐倉綾音)は、バス停で、ひとつの思い出に浸っていた。
 
 彼女が6歳の時、蛍は、妖怪たちが住む山神の杜で迷子になり、泣き出してしまう。そんな彼女に声を掛けたのは、狐の仮面をかぶった青年のギン(声:内山昂輝)であった。
 
 彼は、この杜に住んでおり、人間に触れられると消えてしまう存在なのだと蛍に告げた。そこで、直接手をつなぐことができないため、ギンはリレーのバドンを渡すように木の棒を介して蛍を引き連れて、杜の入り口の参道まで連れて行った。
 
 この日を境にして、蛍は、夏休みの間、毎日のように杜へと遊びに行くようになる。
 
 ある日、杜の中の草原でギンが昼寝をしている時、蛍はそっとギンのかぶっていたお面を外した。すると、そこには人間の青年の顔があった。
 
 そして、やがて夏が終わるころ、蛍はギンに来年も来ることを伝え、別れを告げた。彼女がこの杜に来ることができるのは、祖父の家に遊びに来る夏の間だけだったのだ。
 
 それから毎年のように、ギンのいる杜に遊びに来るようになった蛍は、中学生、高校生と成長するうちに、自分がギンに恋をしていることを気が付いていた。
 
 しかし、彼女が高校三年生になった年の夏。彼女の恋は突然の終わりを告げることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 大森貴弘
 

【出演俳優】

 
 内山昂輝
 佐倉綾音
 
 
 

【動画】

 
★蛍火の杜へ★【mp4up】
★蛍火の杜へ★【vstream】
★蛍火の杜へ★【openload】
★蛍火の杜へ★【openload】
★蛍火の杜へ★【streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧