【泣ける映画】「陰日向に咲く」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「陰日向に咲く」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『陰日向に咲く』は2008年公開の日本映画です。監督は『僕だけがいない街』や『春待つ僕ら』の平川雄一朗です。劇団ひとりが手がけた小説を原作に、事情を抱えながらもいきて行く人々の姿を描いた人間ドラマです。出演は『関ヶ原』や『追憶』など活躍中の岡田准一、『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』の宮崎あおいなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 35年前の浅草。鳥取から観光にやって来た鳴子(宮崎あおい)はお笑い芸人を目指す青年、雷太(伊藤淳史)に声をかけられる。彼のネタはつまらなかったが、鳴子はなぜか惹かれるところがあった。
 
 その後、なんと彼女は勝手に上京し雷太の相方になるという。2人はストリップ劇場でネタを披露するようになるが突然解散、顔を会わせることはなかった。
 
 そして現在。下町を走る観光バスの運転手、シンヤ(岡田准一)。彼はパチンコ依存症で多額の借金を背負っていたが、なかなかやめることができずにいた。
 
 そんなある日、ストリップ劇場の前で鳴子の娘、寿子(宮崎あおい:二役)と出会う。寿子は弁護士をしており、雷太のことを探しているという。
 
 サラリーマンのリュウタロウ(三浦友和)は、ふらふらと歩くホームレスのモーゼ(西田敏行)に憧れていた。歩くと人が避けることから神話のモーゼというあだ名がつけられていた。
 
 リュウタロウはうまくいかない家庭に嫌気がさし、公園にあるモーゼのダンボールハウスを訪ねる。モーゼはホームレスたちからホラ吹きだと言われていたが、訪ねて来たリュウタロウを温かく迎える。
 
 一方、シンヤは借金の取り立てに苦しんでいた。家族を頼ることもできたが、彼は絶対にそうしようとしなかった。
 
 秋葉原ではゆうすけ(塚本高史)が地下アイドル、みゃーこ(平山あや)の応援に明け暮れていた。
 
 彼はネットカフェで働き、同僚たちとみゃーこを見守ってきた。しかし彼女はすでに25歳、アイドルとしてはギリギリの年齢だった…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 平川雄一朗
 

【出演俳優】

 
 岡田准一
 宮崎あおい
 伊藤淳史
 平山綾
 緒川たまき
 塚本高史
 西田敏行
 三浦友和
 
 
 

【動画】

 
★陰日向に咲く★【9tsu】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧