【泣ける映画】「もしも昨日が選べたら」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「もしも昨日が選べたら」の動画を見る方法!


 
 
 

【映画の概要】

 2006年公開のアメリカ映画で、監督は『ウェディング・シンガー』のフランク・コラチ、脚本には『ピクセル』でエグゼクティブプロデューサーを務めたスティーヴ・コレンが参加しています。とある平凡な男が、何でも操作できる万能なリモコンを手に入れて、人生を変えて行く姿を描いています。出演はアダム・サンドラーなど。ジャンルはファンタジードラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 建築士として活躍しているマイケル・ニューマン(アダム・サンドラー)は、妻のドナ(ケイト・ベッキンセール)や子供たちに囲まれて、不自由ない暮らしをしていたが、出世欲の旺盛だった彼は、仕事を優先したいがために家族を煩わしく思っていた。
 
 そんなある日、家電をまとめて操作できるリモコンを求めて出かけた彼は、とある家電販売店にたどり着き、奇妙な店員から1つのリモコンを勧められる。この店の店員(クリストファー・ウォーケン)が言うには、このリモコン1つがあれば、なんでも操作できるらしく、気に入ったマイケルは、リモコンを買って帰ることにした。
 
 自宅に戻ったマイケルは、店員の言葉通り、持ち帰ったリモコンが、家電のみならず、人間や動物など、あらゆるものをコントロールできることを知り、驚くことになる。その後、彼は、吠える犬の声のボリュームをダウンさせて静かにしたり、ドナとの間に始まった口論を早送りしたりと、リモコンを活用していった。
 
 マイケルは、このリモコンをひどく気に入り、その後、ビジネスの場でもリモコンを活用し始める。社長であるアンマー(デイヴィッド・ハッセルホフ)の退屈な話はスペイン語に翻訳して遊び、日本の松下電器の社員との商談では日本語翻訳機能を活用し、契約を成立させていった。
 
 やがて、ギャレットは、社長のアンマーから高い評価を受け、共同経営者への異例の出世が決まることになる。この日、マイケルは嬉しさのあまり、家族全員に高価なプレゼントを買って帰るのだった。
 
 共同経営者への出世が決まり、運命が好転してきたことに大喜びした矢先、社長から、彼の出世がしばらく延期されることが伝えられ、結局、家族に買って帰ったプレゼントは返品することになってしまう。
 
 突然の出世の延期に、それまで待つことが出来なかったマイケルは、出世までの時間もリモコンで早送りをしてしまう。2ヶ月もの時間を早送りした彼は、突然の環境の変化にわずかな戸惑いを覚えるものの、深く気にすることなく周囲の雰囲気に合わせて過ごしていた。
 
 ところが、このリモコンを多用し、意のままに運命を操作しているはずのマイケルは、やがて、彼が向かっていた先が、彼の予想外の未来であったことを痛感させられることになる…。
 
 
 


 
 

【監督】

 フランク・コラチ
 

【出演俳優】

 アダム・サンドラー
 ケイト・ベッキンセール
 デイヴィッド・ハッセルホフ
 ジュリー・カヴナー
 ショーン・アスティン
 クリストファー・ウォーケン
 ヘンリー・ウィンクラー
 
 
 

【動画】

★もしも昨日が選べたら★【gomovies】
★もしも昨日が選べたら★【fmovies】
 
【字幕1】【2】
【字幕1】【2】
【字幕1】【2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧