【泣ける映画】「マイ・レフトフット」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「マイ・レフトフット」の動画を見る方法!


 
 
 

【映画の概要】

 
 『マイ・レフトフット』は1990年公開のイギリス映画で、監督は『ドリームハウス』や『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』などで知られるジム・シェリダンです。小児麻痺に侵されたアイルランド人画家、小説家クリスティ・ブラウンの半生を描いた物語です。ダニエル・デイ・ルイスがクリスティを好演した実話を基にしたヒューマンドラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 ある日、クリスティ・ブラウン(ダニエル・デイ・ルイス)は、チャリティーコンサートのレセプションに出席し、彼を招待した看護師のメリー・カー(ルース・マッケイブ)に自著、『マイ・レフトフット』を差し出した。
 
 1932年のアイルランドのダブリン。クリスティ・ブラウン(ヒュー・オコナー)は、レンガ職人のブラウン(レイ・マカナリー)とその妻(ブレンダ・フリッカー)の下で産まれた10番目の子供であった。しかし、クリスティは、生まれながらにして脳性小児麻痺を患っており、かろうじて左足を動かすことしかできなかった。
 
 そんなある日、臨月の母が階段から落ちてしまったのを目撃したクリスティは、左足で音を立て、近所の人を呼ぶ。しかし、近所の人は、偶然、物音に気が付いたとしか考えておらず、誰もクリスティが助けを呼んだとは思わなかった。けれども、その後もクリスティは興味を持ったことに果敢に挑戦していき、他の兄弟を真似してチョークを足に挟み、字を書くようになっていった。
 
 やがて、字を書けるようになったクリスティは、自分の世界を広げ、体こそ不自由であったものの、のびのびと育っていった。そして、思春期を迎えた彼は恋を経験する。
 
 あるとき、小児麻痺の専門医であるアイリーン・コール(フィオナ・ショウ)と出会った彼は、アイリーンが行う治療に触れたことで、言語能力や身体機能を大幅に向上させることに成功する。
 
 その後、クリスティは絵を描くようになり、やがて個展を開くまでになる。彼の個展を訪れたアイリーンは、自分が婚約していることを彼に明かした。
 
 ところが、アイリーンに想いを寄せていたクリスティは、彼女の婚約を知り、とんでもない行動に出てしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 ジム・シェリダン
 

【出演俳優】

 ダニエル・デイ=ルイス
 レイ・マカナリー
 ブレンダ・フリッカー
 ヒュー・オコナー
 シリル・キューサック
 ルース・マッケイブ
 フィオナ・ショウ
 
 
 

【動画】

 
★マイ・レフトフット★【fmovies】
 
【字幕・fc2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧