【泣ける映画】「マディソン郡の橋」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「マディソン郡の橋」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『マディソン郡の橋』は、1995年公開のアメリカ映画で、ロバート・ジェームズ・ウォーラーの同名小説を基に、数日間だけの切ない恋の物語を切り取った大人のラブストーリーです。監督は『ミスティック・リバー』や『ミリオンダラー・ベイビー』などで知られるクリント・イーストウッド。脚本は『マンハッタン・ラプソディ』のリチャード・ラグラヴェネーズで、出演は、クリント・イーストウッドと、『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープ、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1989年。アメリカ中北部にあるアイオワ州のマディソン郡では厳しい冬を目前に迎えていた。
 
 この日、亡くなったフランチェスカ・ジョンソン(メリル・ストリープ)の葬儀のため、娘のキャロライン(アニー・コーリー)と息子のマイケル(ヴィクター・スレザック)は、マディソン郡にある実家へとやって来る。
 
 久しぶりに実家に戻った二人は、フランチェスカが残した遺言を読んで驚くことになる。そこには「火葬して欲しい」と書かれていたのだ。当時、土葬が当たり前と言われていたアメリカで、火葬して欲しいというフランチェスカの遺言を不思議に思ったキャロラインとマイケルは、その後、フランチェスカの日記を見つけ、母親が亡くなるまで誰にも話さなかった25年近くも前の彼女の秘密を知ることになる。
 
 時は1965年。フランチェスカは、変わらない日々の生活に退屈を覚えていた。そんな中、夫のリチャード(ジム・ヘイニー)は、幼いキャロラインとマイケルを連れて、アイオワ州の南東に隣接するイリノイ州で行われる農作物の品評会に出かけて行くことになる。家族が出かけた4日間を留守番することになったフランチェスカは、久々にひとりで自由な時間を満喫していた。
 
 そして、彼女が留守番中の解放感に浸っていたある日、庭にいたフランチェスカに、ひとりの男性が声を掛け、道を尋ねた。彼は、ロバート・キンケイドと名乗る写真家(クリント・イーストウッド)で、マディソン郡にある珍しい屋根を持つローズマン橋をシャッターに収めるためにこの地を訪れていた。
 
 気さくに話しかけるロバートに何となく興味が惹かれたフランチェスカは、家族が留守だったこともあり、彼を夕食に招くことにした。ロバートは、喜んで彼女の誘いに応じ、その後、二人は楽しく会話を交わしながら夕食を追えると、彼は宿泊する家に戻っていった。
 
 一緒に夕食を過ごし、さらにロバートに惹かれるようになった彼女は、夕食時の会話から、翌日も彼がローズマン橋を訪れることを知り、その橋の上に、「明日の夜もご一緒しませんか!?」というメモを残すことにした。
 
 翌日、ローズマン橋を訪れたロバートは、フランチェスカからのメモを見つけ、彼女に好意を持つようになる。そして、彼女の誘いに応え、再びフランチェスカの自宅を訪れたロバートは、再び夕食を共にする間に急接近すると、その後、一夜を共にする。
 
 激しく愛を交わした後、ロバートはフランチェスカに一緒に来て欲しいと彼女を誘ったが、彼女はリチャードとキャロライン、そしてマイケルのことを考え、ロバートとの狭間で激しく心が揺れることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 クリント・イーストウッド
 

【出演俳優】

 
 クリント・イーストウッド
 メリル・ストリープ
 ジム・ヘイニー
 アニー・コーリー
 ヴィクター・スレザック
 
 
 

【動画】

 
★マディソン郡の橋★【fmovies】
 
【吹替・miomio】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧