【泣ける映画】「マリと子犬の物語」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「マリと子犬の物語」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『マリと子犬の物語』は2007年公開の日本映画です。監督は『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』や『ラストコップ THE MOVIE』の猪股隆一。新潟県中越地震の際に起きた出来事をベースに、少女と子犬の成長とそれを見守る大人たちの姿を描いた動物・人間ドラマです。出演は船越英一郎、松本明子、高嶋政伸、広田亮平など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 新潟県、山古志村。役場で働く石川優一(船越英一郎)は妻を亡くし、息子の亮太(広田亮平)娘の彩(佐々木麻緒)と父の勇造(宇津井健)と4人で暮らしていた。優一の妹、冴子(松本明子)は時折やってきて家事の手伝いをしてくれていた。
 
 そんなある日、石川家に新たな家族が加わる。それは亮太と彩が拾ってきたメスの子犬だった。子犬はマリと名付けられ、すくすくと成長していく。
 
 2004年10月23日、新潟県中越地震が発生。新潟県全域が激しい揺れに襲われてしまう。石川家は優一が仕事で出払っており、亮太も課外授業で家にいなかった。
 
 家には彩と勇造、そしてマリとその子供たちがいた。勇造は必死に彩を守るが、2人とも瓦礫の下敷きになってしまう。庭にいたマリは必死にがれきをかき分け、救助しようとしていた。
 
 やがて自衛隊の安田啓一(高嶋政伸)ら救助隊が駆けつけ、2人は無事助け出される。
 
 散り散りになった一家はそれぞれ無事が確認されたものの、避難所での生活を余儀なくされる。マリと子犬たちは避難所に連れてくることができず、倒壊した家に置き去りにされていた。
 
 彩は助けてくれたマリを置いていくことに良心を痛め、涙する。そして山古志村には台風が接近しつつあった。
 
 亮太と彩は村が水没するとの噂を聞き、マリを助け出そうと避難所を抜け出す。
 
 2人は村を目指し進んでいくも、途中道路が寸断されており先へ進むことができなくなっていた。そればかりか彩が熱を出して倒れ、その場で立ち往生してしまい…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 猪股隆一
 

【出演俳優】

 
 船越英一郎
 松本明子
 広田亮平
 佐々木麻緒
 高嶋政伸
 小林麻央
 小野武彦
 宇津井健
 徳井優
 梨本謙次郎
 重田千穂子
 螢雪次朗
 角替和枝
 蛭子能収
 三宅弘城
 
 
 

【動画】

 
★マリと子犬の物語★【1】
【2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧