【泣ける映画】「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は、2017年に公開されたアメリカの映画です。監督は『ギャング・オブ・ニューヨーク』で脚本も務めたケネス・ロナーガンで、ボストンの郊外で孤独に暮らすひとりの男性が、兄が亡くなったことをきっかけにして故郷に戻り、16歳になる甥の世話をしながら、過去に負ったトラウマと向き合う姿を描いた人間ドラマです。この作品で、主役を演じるケイシー・アフレックは、第89回アカデミー賞において主演男優賞を受賞しています。また、共演は『グランド・ブダペスト・ホテル』にも出演している注目の若手、ルーカス・ヘッジズらが起用されています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 アメリカ、マサチューセッツ州。ボストン郊外のとあるマンション。管理人として働くリー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)は、いつも気だるそうな中年男。
 
 彼は住人たちの御用聞きとなり、ゴミ出しから下水の修理などあらゆる雑用を引き受けていた。だがその態度は悪く、気に入らないことがあると住人に対しても難癖をつけることがあった。
 
 そんなある日、兄のジョー(カイル・チャンドラー)が倒れたという知らせを受ける。彼は仕事を休み、故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへ駆けつける。しかし闘病生活を送ってきたジョーはすでに亡くなっていた。
 
 リーは彼の病気が発覚した時のことを回想する。ジョーは少しずつ心臓の筋肉が衰えていく難病にかかり、5年から10年しか生きられないと宣告されていた。
 
 リーはジョーの亡骸を抱きしめ、そっと悼む。そしてまだ彼の死を知らない甥のパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の元へ知らせに向かう。
 
 パトリックは高校生で、ホッケーの選手として活躍していた。リーはかつてこの街で幼いパトリックと遊び、妻のランディ(ミシェル・ウィリアムズ)や娘たちと過ごしていたことを思い出す。彼は幸福な生活を失い、故郷を離れていたのだ。
 
 練習中に父の死を知ったパトリックは、コーチ(テイト・ドノヴァン)に促され早退することに。
 
 ジョーはパトリックを連れ再び病院へ向かい、今後の生活について話を進めていく。母が行方知れずになっているパトリックは、ジョーを失い身寄りのない身となっていたのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
ケネス・ロナーガン
 

【出演俳優】

 
 ケイシー・アフレック
 ミシェル・ウィリアムズ
 カイル・チャンドラー
 ルーカス・ヘッジズ
 カーラ・ヘイワード
 
 
 

【動画】

 
★マンチェスター・バイ・ザ・シー★【fmovies】
 
【字幕・openload1】【2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧