【泣ける映画】「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』は、2017年に公開されたアメリカとイギリス、チェコスロバキアとの合作映画です。監督は『クジラの島の少女』のニキ・カーロで、ダイアン・アッカーマンのノンフィクション小説を原作にして、命の危険を顧みず、ナチスに迫害されたユダヤ人たちに、自らの経営する動物園を隠れ家として提供した、ある夫婦の姿を描いた実話を基にした人間ドラマです。出演は『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステイン、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1939年。ポーランドの首都ワルシャワ。この街には130万人が暮らし、その三分の一はアシュケナージと呼ばれる東欧系ユダヤ人だった。
 
 ワルシャワにある動物園は、当時ヨーロッパでも最大の規模で1940年には国際動物園管理者協会の総会が開かれることになっていた。
 
 そして、この動物園を運営、管理するのはヤン・ザビンスキー(ヨハン・ヘルデンブルグ)とアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)であった。
 
 ヤンとアントニーナは、園の動物たちを心底可愛がり、毎朝声をかけお産になれば精一杯手を貸した。
 
 だが、その夏、ナチスドイツは独ソ不可侵条約を結ぶことになり、これまで対立していたヒトラーとスターリンが手を組み、ナチスは計画していたポーランドへの侵攻を開始する。
 
 世界中が緊迫した空気に包まれるなか、ポーランドはわずか一月でナチスの支配下に置かれてしまう。
 
 動物園も戦火に巻き込まれ、猛獣たちは危険だと銃殺されてしまう。ヤンとアントニーナは残された動物だけでも守ろうとするものの、与える餌がなければ越冬できまいと、動物たちは殺されていった。
 
 その中でも、毛皮や食用として豚やタヌキだけは飼育することが許されていた。そして第二次世界大戦の勃発を経て、ヤンは、ポーランド亡命政府のレジスタンス活動に身を投じていく。
 
 ヤンは親交のあったナチスドイツの動物学者であるルッツ・ヘック(ダニエル・ブリュール)の許しを得て、豚の餌を確保するためユダヤ人居住地区である「ゲットー」へと出入りするようになる。
 
 これは、彼がアントニーナとともに、ゲットー閉じ込められていたユダヤ人を助け出そうとしていたのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ニキ・カーロ
 

【出演俳優】

 
 ジェシカ・チャステイン
 ヨハン・ヘルデンベルグ
 マイケル・マケルハットン
 ダニエル・ブリュール
 
 
 

【動画】

 
★ユダヤ人を救った動物園★【fmovies】
 
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧