【泣ける映画】「八日目の蝉」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「八日目の蝉」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『八日目の蝉』は2011年に公開された日本映画です。角田光代の同名の小説を『ちょっと今から仕事やめてくる』の成島出が映画化しています。脚本は『バンクーバーの朝日』の奥寺佐渡子が務め、主演は井上真央が、共演は小池栄子、劇団ひとりなどです。自らの不倫相手の子供を誘拐して4年間、自分の子供として育てたある女性と、この女性に育てられた過去を持ったまま成長した女性の、それぞれか抱える複雑な心境と、後の心境の変化を遂げていく彼女たちの姿を繊細に描いた人間ドラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 野々宮希和子(永作博美)は、会社の上司である秋山丈博(田中哲司)と不倫をしていた。希和子は、その後、彼の子供を身籠もるも、産むことは叶わなかった。
 
 彼を本当に愛していた希和子は、妻の恵津子(森口瑤子)が丈博の子を産んだと知ると、丈博の自宅に忍び込み、生後半年になる恵理菜を誘拐し、四年間、逃亡を繰り広げながら、恵理菜を育てていた。
 
 やがて、希和子は警察に逮捕され、恵理菜の希和子との暮らしも終わりを遂げることになる。そして1995年、東京地裁に被告人として立つ希和子は、「四年間、子育てができて本当に幸せだった」と述べる。
 
 一方、四歳で丈博と恵津子の下に返された恵理菜は、突如、現れた本当の両親に対し、両親としての感情を持つことができなかった。のみならず、希和子は恵理菜を「薫」と呼び、育てていたことから、突如自らの名前も変わることになった恵理菜は、ひどく困惑することになる。
 
 他方、この事件は、非常にセンセーショナルな事件だっただけに、秋山家は、マスメディアをはじめ、世間からの好奇の目に晒されることになり、家族は疲弊していった。
 
 それから十数年が経過し、当時、四歳だった恵理菜は、成長し21歳の女性(井上真央)となり、飲食店でバイトをしながら学業に励んでいた。
 
 両親に心を開けないまま育った恵理菜は、進学とともに一人暮らしを始め、その後、岸田孝史(劇団ひとり)と出会い、交際を始めることになる。
 
 やがて、恵理菜は、孝史の子を身ごもっていることに気づくが、彼もまた妻帯者であったことから、このまま関係を続けられないと思い、孝史に別れを告げる。
 
 そんなある日、バイト終わりの恵理菜をライターと名乗る安藤千草(小池栄子)が訪ねることになる。彼女は、希和子が起こした十数年前の一連の事件をまとめ、本を執筆しようと取材中をしているとのことであった。
 
 当初、千草を拒絶していた恵理菜であったが、何度も彼女を訪ねてくる千草と話を重ねるうち、やがて恵理菜はそれまで目を背けてきた自らの過去と向き合うようになっていく…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 成島出
 

【出演俳優】

 
 井上真央
 永作博美
 小池栄子
 森口瑤子
 田中哲司
 市川実和子
 平田満
 劇団ひとり
 余貴美子
 田中泯
 風吹ジュン
 渡邉このみ
 吉本菜穂子
 相築あきこ
 別府あゆみ
 安藤玉恵
 安澤千草
 ぼくもとさきこ
 畠山彩奈
 井上肇
 宮田早苗
 徳井優
 広澤草
 野中隆光
 管勇毅
 荒谷清水
 日向とめ吉
 瀬木一将
 吉田羊
 日比大介
 
 
 

【動画】

 
★八日目の蝉★【kissasian】
★八日目の蝉★【xstream】
★八日目の蝉★【openload】
★八日目の蝉★【watchasian】
★八日目の蝉★【k-vid.net】
★八日目の蝉★【streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧