【泣ける映画】「夜に生きる」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「夜に生きる」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『夜に生きる』は2017年公開のアメリカ映画で、監督、主演は『ゴーン・ガール』や『アルゴ』で知られるベン・アフレックです。クリント・イーストウッドの名作、『ミスティック・リバー』の原作者で知られるデニス・ルヘインの小説を映像化したもので、1920年代のボストンを舞台に、裏社会でのし上がっていく男の姿を描いています。ジャンルはクライムサスペンスになります。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1920年代の禁酒法時代のアメリカ北東部にあるボストン。酒の醸造と販売が禁じられていた当時、密造酒産業は活気づき、様々な方法で密かに作られた酒が、非公式に流通、販売されていた。
 
 そんな中、ジョー・コフリン(ベン・アフレック)は、警察署長でもある父親のトーマス(ブレンダン・グリーソン)に厳しく育てられたものの、その反動から父親に反発するようになっていく。
 
 現在では仲間たちとケチな強盗を繰り返すようになっていたものの、彼の中では「自分はギャングではない!」という自負があった。
 
 そんなある日、賭博場が開かれるとの情報を得たジョーは、仲間たちとともに賭博場に押し入ると、大金を手にすることに成功する。そして、彼らは、金を強奪すると、居合わせたのはアイルランド系美女のエマ(シエナ・ミラー)を人質にとって、そのまま逃走してしまう。
 
 ところが、このエマは、ボストンの街を二分する大ギャングのボス、アルバート・ホワイト(ロバート・グレニスター)の女だったのだ。
 
 やがて、ジョーは、エマと恋に落ちるが、その後、ジョーは、アルバートと対立しているイタリア系マフィアのボスであるマソ・ペスカトーレ(レモ・ジローネ)から呼び出しを受けることになる。
 
 彼は、ジョーとエマが関係を持っていることを知っていたことから、そのことをアルバートにバラされたくなければ、アルバートを始末しろとジョーに要求をした。しかし、ジョーは、このマソの条件を断り、エマとともに駆け落ちすることを決意すると、最後の仕事に取り掛かった。
 
 ところが、この日は、ジョーが、追ってきた警察官とカーチェイスになり、その後、事故を起こして、警官を死なせてしまう。しかも、ジョーがエマを迎えにいくと、そこに待ち受けていたのはアルバートであった。
 
 ジョーは、仲間に裏切られ、アルバートから激しい暴行を受けるが、彼が殺されかけたその時、父親のトーマスとその部下が乗り込んできて、ジョーは九死に一生を得ることになる。しかし、この時、ジョーは、トーマスから、エマが乗せられた車が川に転落し、彼女は亡くなった旨を伝えられることになる。
 
 エマを失った悲しみに暮れたジョーは、強盗と警察官殺しの罪で3年間服役することになるが、出所後、彼は、アルバートにエマの復讐をするために、マソの手下となることを決意するのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ベン・アフレック
 

【出演俳優】

 
 ベン・アフレック
 エル・ファニング
 ブレンダン・グリーソン
 クリス・メッシーナ
 シエナ・ミラー
 ゾーイ・サルダナ
 クリス・クーパー
 
 
 

【動画】

 
★夜に生きる★【raptu】
★夜に生きる★【vidoza】
★夜に生きる★【openload】
★夜に生きる★【openload】
★夜に生きる★【openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧