【泣ける映画】「夜明けの祈り」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「夜明けの祈り」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『夜明けの祈り』は、2017年に公開されたフランスとポーランドの合作映画です。第二次世界大戦中のポーランドを舞台にして、大戦後、ポーランドに侵攻してきたソ連兵に凌辱され、身ごもってしまったシスターたちの苦悩に正面から向きかったフランス人医師の姿を描いた実話ベースの戦争ドラマです。監督は『オーギュスタン 恋々風塵』や『ココ・アヴァン・シャネル』で知られるアンヌ・フォンテーヌ。主演はルー・ドゥ・ラージュ、共演にアガタ・ブゼクなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1945年12月。第二次世界大戦末期のポーランド。赤十字で活動するフランス人医師、マチルド・ボリュー(ルー・ドゥ・ラージュ)がいた。
   
 ある日、彼女は見知らぬ修道女、シスター・マリア(アガタ・ブゼク)から助けを求められる。
 
 だが、赤十字はフランス人を助けるので手いっぱいでポーランド人の救援は行なっていなかった。マリアは降りしきる雪の中、祈り続けた。
 
 その悲痛さに心動かされたマチルドは、連れられるがまま修道院を訪れる。
 
 そこには出産間近の妊婦の姿があった。マチルドは設備の乏しい中、麻酔を行い、帝王切開で赤子を取り出す。
 
 翌日、傷口の縫合のため再び修道院にやってきたマチルドは、他の修道女達も妊娠していることに気づく。そして修道院長のマザー・オレスカ(アガタ・クレシャ)は重い口を開き始める。
 
 彼女達は、ポーランドに侵攻したソ連兵によって暴行を受け、それぞれが望まぬ妊娠をしていたのだった。
 
 マチルドは、ショックを受け、他の医師にも協力を求めるべきだという。だが、オレスカは修道女達が辱めを受けたことが明らかになれば、閉鎖に追い込まれ恥の上塗りになるとそれを拒否する。
 
 オレスカもまた、かつて暴行を受け、梅毒を患っていた。
 
 マチルドには、自らも被害を受けたにもかかわらず、それを罰だと言い聞かせ治療をしないオレスカの姿勢は理解しかねるものだった。
 
 無神論者である彼女に対し、オレスカは「信仰とは24時間の苦痛と1分の希望」だと諭す。そんな中、再びソ連兵の小隊が修道院へとやってくることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 アンヌ・フォンテーヌ
 

【出演俳優】

 
 ルー・ドゥ・ラージュ
 ヴァンサン・マケーニュ
 ヨアンナ・クーリグ
 アガタ・ブゼク
 アガタ・クレシャ
 
 
 

【動画】

 
★夜明けの祈り★【fmovies】
★夜明けの祈り★【gostream】
 
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧