【泣ける映画】「湯を沸かすほどの熱い愛」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「湯を沸かすほどの熱い愛」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『湯を沸かすほどの熱い愛』は2016年公開の日本映画で、監督、脚本は現在注目を集める若手監督である中野量太です。脚本はオリジナルストーリーで、寂れた銭湯を切り盛りしていたヒロインが、余命2か月と宣告され、残された時間の中で、4つのことをやりきるために奔走し、このことで家族がより強い絆で結ばれていく様子を描いた人間ドラマです。宮沢りえ、杉咲花、オダギリ ジョーなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 町の銭湯「幸の湯」を営む双葉(宮沢りえ)は、夫の一浩(オダギリ ジョー)と一緒に銭湯の経営を切り盛りしていた。しかし、一年ほど前、一浩は女を作って蒸発し、そのまま行方が分からなくなってしまう。「幸の湯」は建物の老朽化もあったことから一時休業し、双葉は、娘の安澄(杉咲花)と生きていくため、パン屋でパートを始め、生活費を賄う日々を送っていた。
 
 そんな日々がしばらく続いた頃、双葉は、体調不良を感じるようになるが、疲れが溜まっているだけだろうと考え、そのまま働き続けた彼女は、ある日、勤務中に倒れてしまう。
 
 病院で検査を受けた彼女は、末期のガンを患っていて、余命は2ヶ月程度と、医師から衝撃の宣告をされることになる。しかし、帰宅した双葉は、学校から帰宅した安澄の顔を見て、とてもこのことを安澄に告げることはできなかった。
 
 その夜、双葉は、彼女に残された時間の中で何ができるか考えぬき、死ぬまでに行う4つのことを決める。
 
 そして、彼女は、まずは一浩を自宅に連れ戻すことと、休業していた銭湯を再開させることを決める。そして、双葉は、興信所の滝本(駿河太郎)に相談し、一浩の居場所を突き止める。彼は、双葉の住む隣町のアパートで暮らしていたが、同居していた女はすでに部屋を飛出し、彼女が残した連れ子の片瀬鮎子(伊東蒼)とふたりで生活をしていたのだった。
 
 一浩の居場所を突き止めた双葉は、彼の下を訪れ、強引に連れ戻し、その際、身寄りのなかった鮎子も同居することにした。こうして、双葉は、一浩を自宅に連れ戻し、安澄と鮎子も含めた4人での生活が始めると、長く休業し、潰れかけていた銭湯を再開した。
 
 次に、彼女は、気の優しすぎる娘の安澄を独り立ちさせることを決める。安澄は、クラスでいじめられていた女子を庇ったことから彼女自身がいじめのターゲットになってしまい、日に日にエスカレートしたいイジメによって、ついに学校に行きたくないと言い出すようになっていた。
 
 双葉の行動の理由が分からない安澄は、度々、双葉と衝突するが、彼女の深い愛情は、やがて安澄の心を動かしていくことになる。
 
 そして、双葉は、残された最後の一つを実現しようと安澄と鮎子と取れて旅に出るが、この彼女の決意の裏には、双葉がこれまで話さなかった大きな秘密が隠されていた…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 中野量太
 

【出演俳優】

 
 宮沢りえ
 オダギリ ジョー
 篠原ゆき子
 杉咲花
 松坂桃李
 駿河太郎
 伊東蒼
 
 
 

【動画】

 
★湯を沸かすほどの熱い愛★【eyny】
★湯を沸かすほどの熱い愛★【miomio】
★湯を沸かすほどの熱い愛★【openload】
★湯を沸かすほどの熱い愛★【openload】
★湯を沸かすほどの熱い愛★【openload】
★湯を沸かすほどの熱い愛★【rapidvideo】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧