【泣ける映画】「ライフ・イズ・ビューティフル」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ライフ・イズ・ビューティフル」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「ライフ・イズ・ビューティフル」は、1999年公開のイタリア映画。第二次大戦下のイタリアを舞台にして、ユダヤ人の父が収容所に送られながらも愛する息子のために取った作戦を、笑いと涙を織り交ぜて描いていたヒューマンドラマ。監督、脚本は「人生は、奇跡の詩」のロベルト・ベニーニ。出演はロベルト・ベニーニ本人と、「人生は、奇跡の詩」でもタッグを組んだニコレッタ・ブラスキ、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1937年。イタリア中西部のトスカーナ州にある小さな田舎町アレッツォ。本屋を開くためにやってきたユダヤ系イタリア人のグイド(ロベルト・ベニーニ)は、この町で小学校の教師をしているドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)と出会い一目ぼれをする。その後、グイドは、叔父であるジオ(ジュスティーノ・ドゥラーノ)の紹介で、ホテルでボーイをしながら、ドーラの前に度々顔を出すようになる。
 
 このときドーラは、町の役人と婚約を交わしていたが、グイドは持ち前のユーモアを活かし、しだいにドーラの気を惹いていった。そして、ドーラの婚約パーティの席で、グイドは大胆にも彼女をさらってしまう。そして駆け落ちのように逃げ出した二人は、やがて息子のジョズエ(ジョルジオ・カンタリーニ)を授かることになる。
 
 しかし、この時のイタリアでは、ムッソリーニによるファシズムがはびこる時代。ある日、ドーラが母(マリザ・パレデス)に食事を届けるために出かけると、その隙にユダヤ人であるグイドとジオ、それにジョズエは強制収容所に連行されてしまう。そして、これを知ったドーラは、自ら収容所行きの列車に乗り二人を追いかける。
 
 収容所に入れられたグイドは、この劣悪な環境からどうやってジョズエを守るかについて、必死に考えを巡らせていた。そして、グイドは、考えに考えた末、これはゲームなんだとジョズエに説明することにした。その後、グイドは、ジョズエに対し、辛いことに耐えればポイントがもらえ、「生き残れば戦車がもらえるゲーム」なんだと話すことにする。その一方で、グイドは、ジョズエだけでなく、女性収容所にいるドーラにも励ましの声を届けていた。
  
 こうして、グイドは友人であるドイツ人医師レッシング(ホルスト・ブッフホルツ)と交流しながら、収容所での辛い日々を明るく生き抜いていたのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ロベルト・ベニーニ
 

【出演俳優】

 
 ロベルト・ベニーニ
 ジョルジオ・カンタリーニ
 ニコレッタ・ブラスキ
 ホルスト・ブッフホルツ
 ピエトロ・デ・シルヴァ
 セルジオ・バストリク
 マリサ・パレデス
 
 
 

【動画】

 
★ライフ・イズ・ビューティフル★【fmovies】
 
【吹替・nico】
【吹替・openload】
【吹替・openload】
【吹替・streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧