【泣ける映画】「リスボンに誘われて」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「リスボンに誘われて」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『リスボンに誘われて』は、2014年に公開されたスイスとドイツ、ポルトガルの合作映画です。2004年に発行されたパスカル・メルシエのベストセラー『リスボンへの夜行列車』を映画化した作品で、偶然手にした本に魅せられた高校で教壇に立つ男性が、リスボンを訪れ、自らの人生を見つめ直していく姿を描いた人間ドラマです。監督は『レ・ミゼラブル(1998)』のビレ・アウグストで、主演は『スワンの恋』のジェレミー・アイアンズです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 スイスの首都ベルン。13世紀に建てられた時計塔がシンボルであるこの街は、世界文化遺産に指定され、絵に描いたような美しさを保っていた。
 
 この町にある高校で教師を務めるライムント・グレゴリウス(ジェレミー・アイアンズ)は、古典や哲学を担当していた。
 
 彼は、かつて教え子と恋に落ち、そのまま結ばれるが、その後離婚し、現在は再び独り身になっていたが、チェスが得意でラテン語とギリシャ語に精通するなど、生徒だけでなく同僚からも尊敬されていた。
 
 そんなある日、グレゴリウスは橋の上で身投げしようとしていたポルトガル人女性のカタリナ(ザーラ・シュパーレ=ブールマン)を助ける。
 
 しかし、彼女は多くを語らず、着ていたコートを彼に預けると、そのまま去って行ってしまう。
 
 グレゴリウスは、カタリナを追いかけ、駅まで向かうがそのまま彼女を見失ってしまう。
 
 そして、彼女が着ていたコートのポケットから、アマデウ・デ・プラド著の『言葉の細工師』とリスボン行きの特急券を見つけるのだった。
 
 不思議と心惹かれたグレゴリウスは、そのままリスボンへ向かう。
 
 列車の中で『言葉の細工師』を読み、アマデウの考えに深く共感。そしてリスボンで彼に会うことができないだろうかと思い始める。
 
 だが、リスボンについたグレゴリウスは、すでにアマデウがこの世を去っていることを知る。彼の家族を訪ねるうち、妹であるアドリアーナ(シャーロット・ランプリング)へとたどり着いた。
 
 次に、叔父のジョアンナ(トム・コートネイ)と会い、1970年代に起きた民主化運動に、アマデウもまた参加していたことを知る。
 
 こうして、物語は、アマデウが活躍した1970年代に遡っていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ビレ・アウグスト
 

【出演俳優】

 
 ジェレミー・アイアンズ
 メラニー・ロラン
 ジャック・ヒューストン
 クリストファー・リー
 シャーロット・ランプリング
 ブルーノ・ガンツ
 レナ・オリン
 マルティナ・ゲディック
 トム・コートネイ
 アウグスト・ディール
 
 
 

【動画】

 

【動画配信サイト紹介】

★リスボンに誘われて★【gostream】
★リスボンに誘われて★【xmovies8】
 
【字幕・vidoza】
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧