【泣ける映画】「リトル・ブッダ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「リトル・ブッダ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『リトル・ブッダ』は、1994年公開のイギリス、フランス映画で、監督は『シェルタリング・スカイ』のベルナルド・ベルトルッチです。脚本には『ビリー・ザ・キッド 21才の生涯』のルディ・ワーリッツァーが参加しています。『シェルタリング・スカイ』、『ラストエンペラー』を含むオリエント三部作の完結編であり、輪廻転生をテーマにした大作です。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 アメリカ北西部の町シアトル。この街に住む9歳のジェシー・コンラッド(アレックス・ウィーゼンダンガー)は、父のディーン(クリス・アイザック)と母のリサ(ブリジット・フォンダ)と、3人で暮らしていた。特に信心深いわけでもない、今時の子供だったジェシーの家に、ある日、ラマ・ノルブ(イン・ルオ・チェン)を含めた4名のチベット僧がやって来る。
 
 突然、自宅にチベット僧であるラマが訪問したことで、強く戸惑ったディーンは、彼を追い返そうとするが、母のリサは、はるばるチベットからやって来た訪問客を歓迎し、彼らの話を聞くことにした。
 
 ところが、ラマがリサたちに語ったのは、彼らが耳を疑うような話であった。ラマによれば、ジェシーは、ブッダの魂を受け継ぐと言われた彼の尊師であるラマ・ドルジェの生まれ変わりなのだということであった。ドルジェは、9年前に他界しており、その生まれ変わりであるとすれば、ジェシーの年齢と一致していた。
 
 その後、ラマは、また来ると言い残し、ジェシー宅を後にした。その後、リサは、彼が残していったブッダの生涯について描いた絵本をジェシーに読み聞かせ、リサとジェシーは互いに仏教への理解を深めていくことになる。
 
 そして、この絵本には、次のような話が描かれていた。
 
 
 
 古代インドにあった豊かな王国に、王子シッダールダ(キアヌ・リーブス)が誕生した。シッダールダが生まれ、これを祝う祝宴が開かれる中、この日、はるばる遠方から訪れた賢者が、彼を見て「この子は国だけでなく世界を救うだろう」と国王に告げた。そこで、彼を失うことを恐れた国王は、家来たちに命じ、彼の目をなるべく国外に向けさせないように、国外の情報になるだけ触れさせることなく彼を育てていった。
 
 こうして、シッダールダは、人の不幸に触れることなく幸せに成長を遂げていくが、そんなある日、国王である父親が白髪を染めているところを目撃したことをきっかけにして、人の老いについて考えるようになり、やがて彼は、外界の人たちに触れることを望むようになる。
 
 国王である父を説得し、城の外へと出たシッダールダは、そこで、老いだけではなく、病気や死というものに苦しんでいる人々の姿を目の当たりにすることになる。
 
 その後、修行僧の存在を知った彼は、この「修行」にこそ、自らが進むべき道であると悟ることになる…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ベルナルド・ベルトルッチ
 

【出演俳優】

 
 アレックス・ウィーゼンダンガー
 イン・ルオ・チェン
 キアヌ・リーヴス
 クリス・アイザック
 ブリジット・フォンダ
 
 
 

【動画】

 
★リトル・ブッダ★【moviesub】
★リトル・ブッダ★【xmovies8】
 
【吹替・fc2】
【吹替・fc2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧