【泣ける映画】「ルルドの泉で」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ルルドの泉で」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ルルドの泉で』は、2011年に公開されたオーストリアとドイツ、フランスの合作映画です。監督は『Lovely Rita』でデビューしたドイツ人女性監督ジェシカ・ハウスナーで、フランスとスペインの国境にあるキリスト教の聖地と言われるルルドの村を舞台にして、この村に奇跡を求めて訪れたひとりの女性に現れた奇跡的な現象と、彼女を取り巻く人々の愛憎の様子を描いた人間ドラマです。シルヴィー・テステュー、レア・セドゥらが出演しています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 フランス人のクリスティーヌ(シルヴィー・テステュー)は、多発性硬化症という不治の病にかかり、長いこと車椅子生活を送っていた。
 
 ほとんど全身が麻痺してしまっている彼女は、車椅子に乗り聖地ルルドへ巡礼の旅に出る。
 
 このルルドの村には、近隣諸国から恩恵にあずかろうと多くの観光客や巡礼者が訪れていた。
 
 そして、そこには病人たちを介護する施設があり、セシル (エリナ・レーヴェンゾーン)がボランティアたちを取り仕切っていた。
 
 この施設に滞在することになったクリスティーヌは、世話役のマリア(レア・セドゥ)と出会う。
 
 マリアは若く、美しい女性だった。心も清いマリアは、クリスティーヌをベッドへ寝かせると聖母への祈りを捧げると、その後、二人は聖地である洞窟を訪れる。
 
 そこでは、皆が神の奇跡を信じ、岩肌に肌をすり寄せて祈っていた。
 
 過去には硬化症の男性が洞窟で麻痺を克服したこともあったが、その後再び麻痺に戻っていた。
 
 クリスティーヌも他の巡礼者に習い、洞窟にある水浴場で水を浴びるものの、麻痺が快方に向かうことはなかった。
 
 その後、ボランティアに参加している男、クノ(ブリュノ・トデスキーニ)と会話を交わし、クリスティーヌはわずかに笑顔を取り戻す。
 
 ところが、その日の晩、クリスティーヌは聖母がやってきて麻痺を取り去ってくれるという夢を見る。
 
 それからもクリスティーヌの巡礼は続くが、険しい山道では車椅子は足手まといになってしまい、罪悪感を膨らませていく。
 
 マリアとクノは楽しそうに会話を交わし、寂しい思いをしてしまう。
 
 過去に奇跡を体験したという男性の証言も、どことなく胡散臭く感じられた。
 
 ところが、そんな信仰心も厚いとはいえない彼女に下に、やがて、奇跡と言える出来事が巻き起こることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
ジェシカ・ハウスナー
 

【出演俳優】

 
 シルヴィー・テステュー
 レア・セドゥ
 ブリュノ・トデスキーニ
 エリナ・レーヴェンソン
 ゲアハート・リーブマン
 リンデ・プレロク
 ハイディ・バラッタ
 フーバート・クラマー
 ヘルガ・イリッヒ
 
 
 

【動画】

 
★ルルドの泉で★【youtube】
 
【字幕・fc2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧