【泣ける映画】「ロミオ&ジュリエット」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ロミオ&ジュリエット」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ロミオ&ジュリエット』は、1997年公開のアメリカ映画で、監督はリメイク版『華麗なるギャツビー』で知られるバズ・ラーマンです。脚本には『きみがくれた未来』のクレイグ・ピアースが参加しています。あまりにも有名なシェイクスピアの戯曲を映画化した作品で、レオナルド・ディカプリオがロミオを演じています。ジャンルはラブストーリーになります。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 イタリア北部の町ヴェローナ。この街の利権をめぐり争っていたモンタギュー家とキャプレット家は、長きにわたって対立を続けていた。両家の対立に感化されるように、この街の若者たちも、モンタギュー家のグループとキャプレット家のグループに分かれ、互いに小競り合いを続けていた。
 
 ところが、モンタギュー家の後継者となるロミオ(レオナルド・ディカプリオ)は、そんな争いなどに関心はなく、彼の心は叶わぬ恋の悩みで乱されていた。
 
 そんなある日、彼は友人のマーキュシオ(ハロルド・ペリノー)の計らいで、片思いの女性に会うためにキャプレットの家で行われた仮装パーティーに潜り込む。
 
 しかし、そこで彼がひと目惚れをしたのは、キャプレットの一人娘であるジュリエット(クレア・デーンズ)であった。一目見て、彼女のことを忘れることが出来なくなったロミオは、両家の対立など忘れ、彼女に夢中になり、一方のジュリエットも、ロミオとの出会いに運命的なものを感じていた。
 
 その夜、マーキュシオの反対を押し切って、ロミオはジュリエットに会うために、キャプレット家の裏庭へと忍び込んだ。そして、ロミオは再びジュリエットと出会うと愛を告白し、相思相愛になったふたりは、その後、キャプレットの目を盗んで逢瀬を重ねるようになる。
 
 やがて、親の決めた相手と結婚することに堪えられなくなったジュリエットは、父親が決めた相手との婚約に反し、教会でロミオと挙式をあげる。そこに集まったのは、ふたりに理解を示す神父のロレンス(ピート・ポスルスウェイト)と少数の少年たちだけだった。
 
 ところが、キャプレット家のティボルト(ジョン・レグイザモ)が、ロミオとジュリエットとの関係に感づき、やがてロミオに対し執拗な攻撃を始めるようになる。
 
 ジュリエットのことを案じて手出しできないロミオを目の前にして、彼を助けたマーキュシオがティボルトに刺されて命を落としてしまう。
 
 それを知ったロミオは、親友を殺された怒りを抑えられず、ティボルトを殺害し、キャプレット家に狙われるようになり、街を追われることになる。
 
 ロミオがヴェローナ街を出ていったことを知り、失意に暮れていたジュリエットの姿を見たロレンス神父は、ふたりが無事に結ばれるために、ある作戦を思いつくのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 バズ・ラーマン
 

【出演俳優】

 
 レオナルド・ディカプリオ
 クレア・デインズ
 ミリアム・マーゴリーズ
 ピート・ポスルスウェイト
 ヴォンディ・カールス=ホール
 ジョン・レグイザモ
 ポール・ラッド
 ポール・ソルビノ
 ブライアン・デネヒー
 ダッシュ・ミホク
 ダイアン・ヴェノーラ
 ジェシ・ブラッドフォード
 ハロルド・ペリノー
 
 
 

【動画】

 
★ロミオ&ジュリエット★【gomovies】
★ロミオ&ジュリエット★【fmovies】
 
【吹替・bilibili】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧