【泣ける映画】「わたしに会うまでの1600キロ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「わたしに会うまでの1600キロ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『わたしに会うまでの1600キロ』は、2015年公開のアメリカ映画で、監督は『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』や『ダラス・バイヤーズクラブ』などで高い評価を受けるジャン=マルク・ヴァレです。パシフィック・クレスト・トレイルを歩き切ったシェリル・ストレイドの自伝を基に、壮大な自然と対話する一人の女性の姿を描いたヒューマンドラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 アメリカの西海岸。ある日、シェリル(リース・ウィザースプーン)は、ホテルを後にすると、元夫のポール(トーマス・サドスキー)と電話で短い会話を交わした。これから彼女は1600キロもある長距離自然歩道、パシフィック・クレスト・トレイルに挑もうとしていた。彼女は、大きなザックを背負うと、ヒッチハイクでトレイルの入り口を目指す。
 
 「ここから先は自己責任」、これからの彼女の旅が命の危険をも伴うことを意味するこの書類にサインをしたシェリルは、パシフィック・クレスト・トレイルの第一歩目を踏み出していった。だが、砂漠と山道が延々と続く大地を前に、すでに彼女の中には後悔の気持ちが首をもたげ始める。ザックは荷物を詰め込みすぎで、肩にストラップが食い込み、すぐに強い痛みを伴うようになった。
 
 初日は、あっという間に日没を迎えてしまい、テントを張ることになったが、テント貼りの経験もない彼女は、ここでも四苦八苦する。彼女は、こんなところに来るんじゃなかったと後悔しつつ、そのまま朝を迎えることになる。
 
 翌日、食事を採ろうとした彼女は、コンロが壊れていることを知る。結局、コンロは使えず、彼女は冷や飯しか食べられずに終わった。今までアウトドアの経験がまったくなかったシェリルにとって、アメリカ三大自然歩道の一つであるこのトレイルは過酷すぎたのだ。しかし、彼女は、そのまま歩みを進め、テントを張って眠るということを繰り返していったが、5日目あたりから退屈で誰かと話したくて仕方なくなっていた。
 
 そんな中、シェリルは、ヒッチハイクをし、トラックに乗ったフランク(W・アール・ブラウン)と出会うことになる。そんな彼女は、藁にもすがる思いで、フランクに温かい食事がしたいと催促した。フランクは、彼女を快く助手席に迎えると、自宅に招き、食事をご馳走してあげた。
 
 こうして、ひとときの会話と温かい食事、そして新しいコンロを手にいれたシェリルは、気持ちを新たにして、再び過酷な登山道へと挑んでいくのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ジャン=マルク・ヴァレ
 

【出演俳優】

 
 リース・ウィザースプーン
 ローラ・ダーン
 ギャビー・ホフマン
 マイケル・ユイスマン
 ケヴィン・ランキン
 ブライアン・ヴァン・ホルト
 クリフ・デ・ヤング
 
 
 

【動画】

 
★わたしに会うまでの1600キロ★【fmovies】
 
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【吹替・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧