【泣ける映画】「わたしは生きていける」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「わたしは生きていける」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『わたしは生きていける』は、2014年公開のイギリス映画で、監督は『消されたヘッドライン』のケヴィン・マクドナルド、脚本には『ラストキング・オブ・スコットランド』のジェレミー・ブロックが参加しています。英国の児童文学賞、ガーディアン賞に輝いた小説を映像化したもので、シアーシャ・ローナンを主演に据え、終末的な世界を生き抜く少女の姿を描いたファンタジードラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 近未来のニューヨーク。生まれて間もなく母親を亡くした16歳のデイジー(シアーシャ・ローナン)は、思春期になると、パンクファッションに身を包み、眼に映るもの何もかもが気にくわないようなひねくれ者になっていた。
 
 そんな彼女は、ある日、イギリスに住む伯母の家で生活することになる。都会を離れ、自然豊かな土地へやってきたデイジーを待っていたのは同年代のいとこたちだった。
 
 大人とソリが合わないデイジーも、いとこのアイザック(トム・ホランド)やエディ(ジョージ・マッケイ)、パイパー(ハリー・バード)たちとなら、うまくやっていけそうな気がした。
 
 初対面では刺々しいデイジーであったが、エディの屈託ない性格に彼女は徐々に心を開いていく。大自然の中でともに遊び、笑っているだけで彼女は癒されていった。
 
 しかし、世界を覆っていた緊迫したムードは、テロという形でロンドンを襲う。核を使用したテロによって、イギリス全土に戒厳令が敷かれることになる。ロンドンの町は、閃光とともに、灰が降り始め、大地は白く染まりはじめる。テレビだけでなくラジオも途絶え、田舎にいるデイジーたちには一体何が起きているのか分からないままであった。
 
 そんな中、突然に彼女たちの前に軍隊が現れ、デイジーとアイザック、パイパーは施設に送られることになる。
 
 まだ幼いパイパーの身を案じたデイジーは、ともに行方が分からなくなっているエディと合流するために施設を脱出する。これまで他人を慮ることを知らなかったデイジーが、足手まといにもなるパイパーを懸命に気遣いながら進んでいくのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ケヴィン・マクドナルド
 

【出演俳優】

 
 シアーシャ・ローナン
 トム・ホランド
 ジョナサン・ラグマン
 コーリイ・ジョンソン
 ダーレン・モーフィット
 ダニー・マケボイ
 アンナ・チャンセラー
 ジョージ・マッケイ
 ハリー・バード
 
 
 

【動画】

 
★わたしは生きていける★【fmovies】
★わたしは生きていける★【gomovies】
 
【字幕1】【2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧