【泣ける映画】「ワン・デイ 23年のラブストーリー」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ワン・デイ 23年のラブストーリー」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』は、2011年に公開されたアメリカ映画。互いに魅かれ合いながらも、友人でいることを選択したある男女の特定の日を切り取り、23年にわたって描いた恋愛ドラマ。監督は『人生はシネマティック!』のロネ・シェルフィグ、出演は、『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ、『鑑定士と顔のない依頼人』のジム・スタージェス、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1988年の7月15日、とある大学の卒業式でエマ(アン・ハサウェイ)とデクスター(ジム・スタージェス)は初めて出会うことになる。
 
 自由奔放なデクスターとは対照的に、まじめな性格であるエマの言葉もあり、ふたりは互いに魅かれ合いながらも、恋人ではなく友人としての関係を選ぶことにした。
 
 その後も、エマはデクスターに対する恋心を胸にしまったまま、彼との友人関係を続けていった。
 
 1989年7月15日、エマはイギリスのロンドンでの暮らしを始めていた。1990年7月15日、デクスターはパリでの生活を謳歌していた。
 
 その後の1992年7月15日、エマとデクスターは、二人きりの旅行をすることにした。しかし、友人としての関係を維持するために、「寝室は別々」、「ヌード禁止」など4つの取り決めを決める。そんな中、デクスターの荷物などトラブルに巻き込まれながらも、ふたりは楽しい時間を過ごした。
 
 ところが、1994年7月15日、病気の母を抱えていたデクスターが家族とのトラブルでエマに電話をするが、この時、彼女はフランス人の男性とデートの最中であった。
 
 1996年7月15日、デクスターの番組が時代遅れと酷評され、視聴率の低下を理由に彼は番組の降板を余儀なくされ、恋人との関係もうまくいっていない中、エマがデクスターに送った愛を綴った手紙が彼の恋人に読まれ、嫉妬されることになる。
 
 こうして、ふたりは魅かれ合う自分の気持ちを知りつつも、互いにすれ違いを重ねながら、互いの人生を歩んでいくのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ロネ・シェルフィグ
 

【出演俳優】

 
 アン・ハサウェイ
 ジム・スタージェス
 ロモーラ・ガライ
 レイフ・スポール
 パトリシア・クラークソン
 ケン・ストット
 
 
 

【動画】

 
★ワン・デイ 23年のラブストーリー★【fmovies】
 
【字幕・clipwatch】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧