【泣ける映画】「私だけのハッピー・エンディング」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「私だけのハッピー・エンディング」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『私だけのハッピー・エンディング』は、2011年に公開されたアメリカの映画です。監督は、今作が日本初公開となるアメリカ人女性監督のニコール・カッセルで、わずか30歳にしてガンを患い、余命半年を宣告されたキャリア・ウーマンの女性が、残された時間に苦悩しながらも、主治医と愛を紡いでいく姿を描いたちょっと切ないラブ・ストーリーです。主演を務めるのは『キラー・インサイド・ミー』のケイト・ハドソン、共演にガエル・ガルシア・ベルナルなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 30歳になるマーリー・コーベット(ケイト・ハドソン)は、広告代理店に勤め、頭角を現す中、収入にも事欠かずにいた。
 
 そんな彼女は、遊びにも積極的でパーティで出会った男たちと奔放に過ごし、結婚なんてするもんじゃないと考え、真剣な交際を求められても、断ってしまう状況であった。
 
 そんなある日、マーリーは、同僚で友人のサラ・ウォーカー(ルーシー・パンチ)から顔色を心配される。
 
 初めは仕事のストレスかと軽く見ていたが、やがて便に血が混じるようになり、彼女は病院で検査を受けることにした。
 
 担当してくれた医師のジュリアン・ゴールドスタイン(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、イケメンで、エキゾチックな顔立ちが魅力的だった。
 
 思わずドキドキしてしまったマーリーだったが、その後、彼の口から出た言葉に声を失ってしまう。
 
 マーリーは、大腸ガンに侵されており、もはや手術での摘出は不可能という段階にあるということであった。
 
 その夜、マーリーは夢の中で神様(ウーピー・ゴールドバーグ)と出会うことになる。
 
 この神様は、夢の中で死ぬ前に願い事を三つ叶えてあげるとマーリーにいうが、彼女は心の底にある「運命の人と出会いたい」という本心を言えずにいた。
 
 翌日、なんとか動揺を抑えいつものように出勤する。しかし、意を決して、彼女は友人たちに自らの病状を打ち明けることにする。
 
 職場には真実を伝えなかったものの、病状を聞かされた母のヴェバリー(キャシーベイツ)は大いに悲しんだ。
 
 父のジャック(トリート・ウィリアムズ)は、金を惜しまずに最高の治療をすれば助かると持論を振りかざし口論になってしまう。
 
 そして、再び病院を訪れたマーリーは、ジュリアンから、薬物治療を行うか、そのまま死を選ぶかと尋ねられる。
 
 彼女の気持ちを無視したような、あまりにもデリカシーに欠けたジュリアンの問いかけに、彼女は怒りを露わにするのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ニコール・カッセル
 

【出演俳優】

 
 ケイト・ハドソン
 ガエル・ガルシア・ベルナル
 ローズマリー・デウィット
 ルーシー・パンチ
 ロマニー・マルコ
 トリート・ウィリアムズ
 ウーピー・ゴールドバーグ
 キャシー・ベイツ
 スティーヴン・ウェバー
 
 
 

【動画】

 
★私だけのハッピー・エンディング★【123movie】
 
【字幕・gyao~2018年1月11日】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧