【泣ける映画】「Undo(アンドゥー)」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「Undo(アンドゥー)」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『undo“アンドゥー”』は、1994年に公開された日本映画です。監督、脚本は『花とアリス』や『リリイ・シュシュのすべて』で知られる岩井俊二。見るものすべてを縛りたくなるという「強迫性緊縛症」を患ってしまった妻と、必死に彼女を助けようと苦悩を重ねる夫の姿を描いた人間ドラマです。出演は『居酒屋ゆうれい』の山口智子、『3月のライオン』の豊川悦司など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 萌実(山口智子)と由起夫(豊川悦司)の夫婦は、生活感のないガランとしたマンションで暮していた。
 
 あるとき、萌実は犬が飼いたいというが、マンションの決まりもあり買うことができない。そこで由起夫は亀を買って帰り、犬の代わりにするのだった。
 
 萌実は亀の甲羅に鎖をつなげ、持て余す時間を亀の散歩で埋めていった。由起夫は仕事が忙しく、休日出勤も珍しくなかった。
 
 萌実は寂しさを募らせていき、亀だけでは紛らわせなくなっていた。彼女は新たな趣味として編み物を始めるが、次第に亀や林檎を毛糸で縛るようになっていく。帰宅してきた由起夫はそれを見て不気味に思うも、特に何も言うことができず日々が過ぎていった。
 
 そんなある日、由起夫は読もうとした本が縛られていることに気づき、ハサミで毛糸を切ろうとするもそのハサミもまた縛られていた。
 
 これは本格的におかしいと思った彼は、萌実を連れ精神科を訪れる。そこで医師(田口トモロヲ)から告げられたのは「強迫性緊縛症」という聞きなれない病名だった。
 
 愛情が足りない彼女は、見るものすべてを縛りたくなる疾患にかかっているという。医師は由起夫に原因があるというが、彼は認めようとせず萌実を旅行に誘う。だが彼女はすでに日常生活すら困難な状態になっていた。
 
 帰宅してきた由起夫に、「待っている状態」を縛っていたと話す萌実。そればかりか二人で撮った写真を赤く塗りつぶし、これも縛ったのだという。
 
 ついに我慢の限界を迎えた由起夫は、彼女に対し、大声を挙げてしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 岩井俊二
 

【出演俳優】

 
 山口智子
 豊川悦司
 田口トモロヲ
 
 
 

【動画】

 
★Undo(アンドゥー)★【veoh】
★Undo(アンドゥー)★【veoh】

 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧