【泣ける映画】「HACHI 約束の犬」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「HACHI 約束の犬」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『HACHI 約束の犬』は2009年公開のアメリカ映画で、リチャード・ギアを主演に据え、ハチ公の銅像でも知られる「忠犬ハチ公」のエピソードを映画化した人間ドラマです。監督は『砂漠でサーモン・フィッシング』や『ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』で知られるラッセ・ハルストレム。思わずジーンとくるドラマに仕上がっています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 アメリカ東海岸にある町の郊外にあるベッドリッジ駅。毎日のようにこの駅を利用していた大学教授のパーカー・ウィルソン(リチャード・ギア)は、ある日、迷子になっていた子犬を拾った。
 
 パーカーは、そのまま子犬を連れて帰るが、妻のケイト(ジョアン・アレン)は、最近愛犬を亡くしたばかりであったことから、この子犬を飼うことに反対していたが、パーカーは、彼女の反対を押し切って、子犬を飼うことにした。
 
 パーカーが、この子犬を拾ったとき、子犬は「八」と書かれたプレートをつけていた。そして、パーカーは知り合いの日系人、ケン(ケリー・ヒロユキ・タガワ)にプレートに書かれていた「八」の意味を尋ね、「八」は数字の8を表していると聞くと、彼は、この子犬に「ハチ」と名付けることにした。
 
 こうしてパーカーがハチを買い始めると、当初、ハチを飼うことに難色を示していたケイトも、パーカーに懐くハチの姿を見て、しだいにハチを受け入れていく。こうしてハチはウィルソン家の愛情を受けてすくすく育っていった。
 
 アメリカでは珍しい秋田犬であるハチは、ボール遊びなどには興味がなく、もっぱらパーカーの通勤に付き合うのが好きだった。毎朝、彼をベッドリッジ駅まで送り、講義が終わって大学から彼が帰ってくるころになると、駅まで迎えにいくのが彼の日課だった。こうして、ハチの送迎が毎日続き、彼はしだいに駅員や売店の店員にも親しまれるようになっていく。
 
 そして、パーカーの娘であるアンディ(サラ・ローマー)が結婚を迎えた頃、ハチはすっかり成犬となっていた。大人になっても健気に送り迎えを続けるハチ。
 
 しかし、そんなある日、パーカーは職場で倒れそのまま帰らぬ人となってしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ラッセ・ハルストレム
 

【出演俳優】

 
 リチャード・ギア
 ジョアン・アレン
 タヴァニア・マクファデン
 ジェーソン・アレクサンダー
 エリック・アヴァリ
 サラ・ローマー
 ケリー・ヒロユキ・タガワ
 
 
 

【動画】

 
★HACHI 約束の犬★【fmovies】
 
【字幕・gyao~2019年2月15日】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧