【泣ける映画】「P.S.アイラヴユー」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「P.S.アイラヴユー」の動画を見る方法!


 
 
 

【映画の概要】

 
 『P.S.アイラヴユー』は2008年公開のアメリカ映画です。監督は『不屈の男 アンブロークン』のメガホンを取り、ロバート・レッドフォードの『モンタナの風に抱かれて』やクリント・イーストウッドの『マディソン郡の橋』でシナリオを手がけたリチャード・ラグラヴェネーズです。21歳で急死した作家、セシリア・アハーンの恋愛小説を映画化。亡き夫からの手紙が涙を誘う作品です。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 ニューヨークで暮らすホリー(ヒラリー・スワンク)とジェリー(ジェラルド・バトラー)は、仲睦まじい幸せな夫婦。喧嘩することがあっても、すぐに仲直りできる関係だった。しかし、ホリーは両親との関係や子作りなど、将来に少しだけ不安を抱えていた。
 
 そんななか、ジェリーは脳腫瘍に犯されそのまま亡くなってしまう。ホリーは実家のバーでジェリーの葬儀を行い、彼の仲間たちもジェリーとの別れを惜しんだが、彼女はまだ彼を失ったことに実感が湧かない状況だった。
 
 ジェリーの死から3週間しても、ホリーは家に引きこもったまま、電話が鳴っても出ようとしなかったことから、彼女の母パトリシア(キャシー・ベイツ)が心配して自宅を訪ねてきた。
 
 ところが、茫然自失だった彼女が少しずつ現実に意識を向け始めたある日、彼女の下にジェリーから郵便が届く。その中には、彼の声が吹き込まれたレコーダーが同封されていた。
 
 ジェリーは、自分が死ぬ前から、ホリーが失意に暮れて引きこもることを予想していたようだった。いったい誰がジェリーの声を届けてくれたのか、それも謎なまま。そして、ジェリーからの声のメッセージには、手紙が届いた彼女の誕生日に、「友達と街で誕生日を祝うように」とあった。
 
 翌朝、久しぶりに羽目を外したホリーに、再びジェリーから手紙が届いた。何度も届く消印のない手紙。それはいったい、誰がどんな方法で届けているのかもわからないまま、最後は「P.S.アイラヴユー」の文字で締めくくられたこの手紙に、少しずつ彼女は元気づけられていく。
 
 そして、彼女の下にジェリーからの何度目かの手紙が届いた頃、彼女は、この手紙に誘われるまま、かつて、二人が出会った思い出の地であるアイルランドを訪ねることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 リチャード・ラグラヴェネーズ
 

【出演俳優】

 
 ヒラリー・スワンク
 ジェラルド・バトラー
 キャシー・ベイツ
 ジーナ・ガーション
 ジェフリー・ディーン・モーガン
 ジェームズ・マースターズ
 ネリー・マッカイ
 リサ・クドロー
 ハリー・コニック・ジュニア
 
 
 

【動画】

 
★P.S.アイラヴユー★【fmovies】
 
【吹替1】【2】【3】【4】【5】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 

【音楽紹介】

 この映画の主題歌の曲のPVが見つかったのであなたにも紹介しておきますね!
 
 ●James Blunt「Same Mistake」
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧